イギリスなど、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行 世界遺産 絶景 コンウォールと西デヴォンの鉱山景観

コンウォールと西デヴォンの鉱山景観
Cornwall and West Devon Mining Landscape


海外旅行は世界遺産コンウォールと西デヴォンの鉱山景観に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,3,4
登録年  2006年

UNESCO - Cornwall and West Devon Mining Landscape

世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観は、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)南西部、南西イングランド地域、コンウォール州とデヴォン州に位置する鉱山の景観です。

世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観の地域一帯は、18世紀から19世紀のイギリスの産業革命の時代に銅やスズの採掘で栄えました。。

世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観地域の工業は1500年代半ばのスズの鉱山開発から始まりました。

当初、世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観のスズの生産量はそれほどではありませんでした。

1800年代後半に入ると、世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観地域では、ヒ素の産出が盛んになり、その産出量は当時のヒ素の世界的需要の半分に至るほどです。

さらに、19世紀初頭には、産業革命の象徴、蒸気機関の登場により、硬い岩盤でも容易に採掘が可能となり、また、高圧の揚水機関の発達によって、従来よりも遥かに深く採掘することを可能にし、飛躍的に銅の産出量が伸びました。
世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観地域における銅の産出量は、最盛期で世界の2/3を誇るほどです。

そして、世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観地域の機器類を含む鉱業技術は、世界中に輸出されました。

1860年に銅の大暴落が起こると、この地での鉱業は衰退していきました。

【世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観の見どころ】
現在もこの地には、産業革命の時代に使われていた煙突や、レンガ造りの施設の廃墟が多く残されています。

スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のリヴァプール-海商都市へ行こう!

リヴァプール-海商都市
Liverpool - Maritime Mercantile City


海外旅行は世界遺産リヴァプール-海商都市に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のリヴァプール-海商都市をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,3,4
登録年  2004年

Liverpool Maritime Mercantile City

世界遺産のリヴァプール-海商都市は、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)中西部、イングランド北西部にあり、18~19世紀に繁栄した大英帝国の貿易港です。

世界遺産のリヴァプール-海商都市は、1830年にリヴァプールと内陸のマンチェスターを結ぶ鉄道が開通、鉄道交通の要所となり、「大英帝国第二の都市」とまで呼ばれていました。
世界遺産リヴァプール-海商都市は、現代のドック技術や輸送大系、港湾管理などの発展においての先駆けです。

世界遺産のリヴァプール-海商都市は、リヴァプール中心市街の以下の6つの区画を対象としています。

【世界遺産のリヴァプール-海商都市の見どころ】
ピア・ヘッド (Pier Head)
 ピア・ヘッド は、「スリー・グレイシズ(Three Graces)」(美を司る3女神)と呼ばれる3つの美しい建物、ロイヤル・リヴァー・ビルディング (Liver Building) 、ドック・ビルディング (Port of Liverpool Building) 、キューナード・ビルディング (Cunard Building) が存在している場所です。

アルバート・ドック (Albert Dock)
 アルバート・ドックは、ピア・ヘッドの南に位置し、美術館テート・リバプール、マージーサイド海洋博物館 (Merseyside Maritime Museum) 、ビートルズ・ストーリー (The Beatles Story) などの観光名所があります。

スタンリー・ドック保存地域 (The Stanley Dock Conservation area)
 スタンリー・ドック保存地域は、ピア・ヘッドの北に位置し、世界最大級のレンガ建造物であるスタンリー・ドック・タバコ倉庫 (Stanley Dock Tobacco Warehouse) が残されています。

  ・キャッスル・ストリート保存地域 (The 'Commercial Quarter'/Castle Street Conservation Area)
 キャッスル・ストリート保存地域では、キャッスル・ストリート (Castle Street) 、オールド・ホール・ストリート (Old Hall Street) 、ヴィクトリア・ストリート (Victoria Street) 、ウォーター・ストリート (Water Street) 、デイル・ストリート (Dale Street) などで、中世のリバプールの姿を見ることが出来ます。

  ・ウィリアム・ブラウン・ストリート保存地域 (The 'Cultural Quarter'/ William Brown Street Conservation Area)
 ウィリアム・ブラウン・ストリート保存地域は、多くのリヴァプールの市営建造物群がある地域で、セント・ジョージ・ホール (St Georges Hall) 、ライム・ストリート駅 (Lime Street Station) 、ウォーカー・アート・ギャラリー、ワールド・ミュージアム (World Museum Liverpool) 、旧グレート・ノースウェスタン・ホテル (the former Great North Western Hotel) 、クイーンズウェイ・トンネル入り口 (the entrance of the Queensway Tunnel) などがあります。

デューク・ストリート保存地域 (Duke Street Conservation Area)
 デューク・ストリート保存地域には、ロープウォークス(The Ropewalk)と呼ばれる縄作り場があり、現在、この地域はロープウォークスと呼ばれています。

海外旅行は世界遺産のキュー王立植物園へ行こう!

キュー王立植物園
Royal Botanic Gardens, Kew


海外旅行世界遺産キュー王立植物園に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産キュー王立植物園をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,3,4
登録年  2003年

Temperate House

世界遺産キュー王立植物園は、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)、首都ロンドン南西部のリッチモンドとキューにはさまれたテムズ川沿いにある美しい空間にある歴史的な造景庭園です。

世界遺産キュー王立植物園は、1759年に英国王ジョージ3世の母親にあたるオーガスタ皇女によって宮殿に併設の庭園として開設され、今では世界で最も有名な植物園として、膨大な植物コレクションが保管されています。

以前は、世界遺産キュー王立植物園では、資源植物を世界各地から集め、品種改良などをおこなう場でもあり、イギリス植民地内の各植物園と情報交換などを行うことによって、適合する植民地に移植してプランテーションでの大量生産を計画していました。

世界遺産のキュー王立植物園の見どころ】
世界遺産のキュー王立植物園には、毎年135万人がキューを訪れおり、公開されている様々な花や樹木の息を呑むようなす展示や歴史的な建造物を楽しむことが出来ますが、世界遺産のキュー王立植物園の最大の見どころは、パームハウスです。

UK: Royal Botanic Gardens, Kew - Palm House

パームハウスは、1844年から 1848年にかけ建設され、熱帯の木、潅木、ヤシなどを揃え、バナナやマンゴーの木もあります。
温帯植物園は世界最大の観賞植物温室であり、ホホバや世界最大の室内植物、チリのワインパームなど、亜熱帯の植物コレクションを見ることが出来ます。

海外旅行は世界遺産のダーウェント峡谷の工場群へ行こう!

ダーウェント峡谷の工場群
Derwent Valley Mills


海外旅行世界遺産ダーウェント峡谷の工場群に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産ダーウェント峡谷の工場群をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  2001年

UK: Derwent Valley Mills, Darley Abbey Mills

世界遺産ダーウェント峡谷の工場群は、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)イングランド中部、ダービーシャー州のダーウェント川流域に位置する複数の紡績工場です。

世界遺産ダーウェント峡谷の工場群では、イギリスの産業革命期の1769年にアークライトの発明した水力紡績機の技術を取り入て次々に建てられた工場群が見られます。

世界遺産ダーウェント峡谷の工場群は、産業革命の最も初期の工場群として、現代の機械制大規模工場生産の根源を成すものとされています。

世界遺産のダーウェント峡谷の工場群の1771年設立のクロムフォード・ミルは、世界初の近代工場といわれています。

次々と工場が建設され、工場で働く賃金労働者も急増すると、世界遺産のダーウェント峡谷の工場群では、労働階級が生まれました。

世界遺産のダーウェント峡谷の工場群では、当時の労働者の集合住宅郡がそのままの姿で見られますが、これが今でいう社宅であり、団地の始まりです。

それまではなかった、勤務時間に合わせて工場に出勤するという生活スタイルも世界遺産のダーウェント峡谷の工場群で生まれたとされています。

世界遺産のダーウェント峡谷の工場群の対象となっているのは、クロムフォード (Cromford) 、ベルパー (Belper) 、ミルフォード (Milford) 、ダーリー・アベイ (Darley Abbey) 、ジョン・ランブ (John lambe) の工場群です。

これらの工場は、一部は現在、レストラン、ユースホステルなどに利用されています。

【世界遺産のダーウェント峡谷の工場群の見どころ】
リチャード・アークライトのマッソン・ミルにある労働繊維博物館 (the Working Textile Museum at Richard Arkwright's Masson Mill) には、約68万もの糸巻きが展示されています。

海外旅行は世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸へ行こう!

ドーセット及び東デヴォン海岸
Dorset and East Devon Coast


海外旅行は世界遺産ドーセット及び東デヴォン海岸に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸をご紹介します。

登録区分 自然遺産
登録基準 8
登録年  2001年

Dorset and East Devon Coast

世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸は、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)南部のドーセット州とデヴォン州に位置し、エクスマスからスタットランドに続く海岸線です。

世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸は、億5千万年前から始まる三畳紀から、ジュラ紀、白亜紀へと続く中生代の地層が、連続して見られる世界で唯一の場所です。

また、世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸は、ジュラ紀前期から白亜紀後期の恐竜イクチオサウルスの化石が発見されたことでも有名です。

地質時代の区分の一つである古生代で4番目に古い約4億1000万年前から3億6000万年前の時代のデヴォン紀の名前は、この東デヴォン海岸から来ています。

世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸では、ダードル・ドア(Durdle Door)の天然橋、ラルウォース・コウヴ(Lulworth Cove)の入り江や褶曲によってできた地形、ポートランド島(Isle of Purbeck)などの特徴的な地形を見ることも出来ます。

【世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸の見どころ】
世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸では、アンモナイトの化石などはビーチで簡単に見つけることが出来ます。

・ダードル・ドア(Durdle Door)の天然橋

Durdle Door, Dorset

・世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸の玄関口にあたる町ライム・リージス(Lyme Regis)は、化石が沢山取れるといわれています。

Lyme Regis, Dorset

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。