ラトビアなど、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行は世界遺産のリガ歴史地区へ行こう!

リガ歴史地区
Historic Centre of Riga


海外旅行は世界遺産リガ歴史地区に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のリガ歴史地区をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2
登録年  1997年

Historic centre of Riga

世界遺産のリガ歴史地区は、ラトビア共和国の首都リガの旧市街と新市街で、タウガバ川がリガ湾に注ぐ河口より10kmほど遡ったところに位置します。

世界遺産のリガ歴史地区の町の始まりは1200年で、1255年に大司教座が置かれました。

世界遺産のリガ歴史地区は1282年にハンザ同盟に加盟し、13世紀から15世紀にはバルト海とロシアの中継貿易拠点として繁栄しました。

世界遺産のリガ歴史地区は、中世ドイツの商業都市の特徴が多く見られ、特にハンザ同盟の時代の建物が多く残されてあいます。

また、世界遺産のラトビアのリガ歴史地区はアールヌーボー様式の建築物の宝庫であり、300棟以上の建物が並び、世界中のアールヌーボーを愛好する建築家の興味の的でもあります。

世界遺産のラトビアのリガ歴史地区はバルトのパリとも呼ばれています。

【世界遺産リガ歴史地区の見どころ】
世界遺産リガ歴史地区のほぼ中心部には、13世紀に建てられたリガ大聖堂をはじめ、聖ヨハネ聖堂、聖ペテロ教会堂があります。
リガ大聖堂は、その後18世紀まで増改築が繰り返されたため、ロマネスク、ゴシック、バロックなど、さまざまな建築様式が見られます。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。