オランダなど、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行は世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸へ行こう!

リートフェルト設計のシュレーテル邸
Rietveld Schröderhuis (Rietveld Schröder House))


海外旅行は世界遺産リートフェルト設計のシュレーテル邸に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2
登録年  2000年

Rietveld Schröder House, Utrecht

世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸は、オランダ王国の首都アムステルダムの南25km、同国中部に位置するユトレヒト市(ユトレヒト州の州都)にある邸宅です。

世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸は、斬新なデザインの椅子で有名なオランダ人建築家ヘリット・トマス・リートフェルトが1924年に未亡人のトゥルス・シュレーテルのために設計した住宅です。

世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸は、デ・ステイル建築の代表作といわれ、赤・黄・青・白・灰・黒の線と面によって構成された造形は、まさに彼の斬新なデザインの椅子「レッド・アンド・ブルー・チェア」(1918年)を発展させたものと言われれています。

トゥルス・シュレーテル夫人は、1985年に亡くなるまで、この世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸で暮らしていました。 夫人が亡くなると世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸は修復され、博物館となりました。

【世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸の見どころ】

世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸は、博物館として現在一般公開されています。

スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)へ行こう!

ドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)
Droogmakerij de Beemster (Beemster Polder)


海外旅行は世界遺産ドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4,5
登録年  1999年

SMS_20120614_548.JPG

世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)は、オランダ王国、アムステルダムの北、北ホラント州のプルメレンドの近郊のベームステルにある17世紀初期に造られたオランダ最古のポルダー(干拓地です。)

世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)は、中心である中央ベームスター、耕作地として発展した北ベームスターと西ベームスター、園芸農業が盛んな南東ベームスターの4つの区画に分かれています。

世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)は、もとは、オランダ東インド会社の海外派遣の食糧調達のための農地の創出を計画したものでした。

世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)は、一旦は農地として利用されましたが、風車を利用した排水もうまくいかなかったため、牧草地に転用されてしまいました。

その後、世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)では、排水技術の向上で土地が改善し、現在は花卉などの園芸農業などが営まれています。

世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)の田畑、道路、堤防、運河、風車、村落が織りなす文化的景観が見事に調和した設計は、その後のヨーロッパをはじめとする各地での干拓事業に大きな影響を与えたと言われています。

尚、世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)では、管理は、ベームステル市とワータースパップ(水域管理局)とが共同で行なっています。

【世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)の見どころ】

世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)では、17世紀以来の景観が今なお残されており、それとともに歴史的意義が評価されたものです。

海外旅行は世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)へ行こう!

Ir.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)
Ir.D.F. Woudagemaal (D.F. Wouda Steam Pumping Station)


海外旅行は世界遺産Ir.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,4
登録年  1998年

Ir.D.F. Woudagemaal (D.F. Wouda Steam Pumping Station)

世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)は、オランダ王国北部、フリースラント州南部のアイセル湖に面する町レメル (Lemmer) にある蒸気式揚水場です。

かつて、低地の多いオランダでは、排水のために風車が利用されていました。
19世紀入ると、より効率的な蒸気機関を利用した揚水ポンプ装置が発明され、風車がこれに取って変わりました。

世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)は、これらの揚水ポンプ装置のひとつです。

そして、世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)は、揚水施設としては世界最大規模です。

1920年に完成した世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)は、建築に携わった技師D.F.ヴァウダの名に由来しています。

往時オランダには、蒸気式揚水ポンプ装置が700以上もあったとされていますが、現在は蒸気式ものはほとんど使われていませんが、世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)は、今も使用されています。

尚、世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)のお蔭で、レメルの町が水没の難を逃れたとも言われています。

【世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)の見どころ】

世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)は、ガイドツアーで見学することができ、一部は博物館として公開されています。

海外旅行は世界遺産のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区へ行こう!

キュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区br> Historic Area of Willemstad, Inner City and Harbour, Curaçao

海外旅行は世界遺産キュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4,5
登録年  1997年

Historic Area of Willemstad, Inner City and Harbour, Curaçao UN

世界遺産のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区は、カリブ海の小アンティル諸島のキュラソー島にある、オランダ王国領アンティルの都市です。

世界遺産のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区は、当初、「オランダ領アンティルの港町ウィレムスタットの歴史地区」の名で1997年に登録されましたが、オランダ領アンティルの解体とキュラソー島の単独自治領化を踏まえ、2011年に現在の名称に変更されました。

キュラソー島は、1634年に当時スペイン領だったキュラソー島をオランダが奪い、植民地とされました。

オランダ海上帝国の植民都市として建設された世界遺産のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区では、アムステルダム要塞などの要塞をはじめ、カラフルなパステルカラーに彩られた美しい町並みを見ることが出来ます。

世界遺産のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区の対象は、歴史的な5つの地区、プンダ、オットロバンダ、ピーターマーイ、スカロー、コーテインとおよびプンダとオットロバンダを結ぶクィーン・エマ橋です。

【世界遺産のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区の見どころ】

・プンダ
 ブンダ地区は、アムステルダム要塞の周辺に発達した地区で、要塞周辺の市壁に囲まれた
 格子状の街路を持って いて、オランダの植民都市の典型とされています。
 現在、ブンダ地区の建物は、美術館や市役所や学校などの公共施設として利用されています。

・オットロバンダ
 オットロバンダには、1888年にクィーン・エマ橋とリフ・ウォーター橋が建設により、
 進出してきたユダヤ商人の戸建の住宅が、主に北部で残されています。

・ピーターマーイ
 ピーターマーイは、19世紀後半にはユダヤ人居住地として急速に開発が進んだが地区です。

・スカロー
 スカロー地区は、かつて裕福なユダヤ商人の住宅地でした。
 現在もウィレムスタット市内における高級住宅地とされ、いくつかは政府機関や
 民間オフィスとして活用されています。

・コーテイン
 コーテイン地区は、クィーン・エマ橋などの開通によって開発された比較的新しい地域で、
   20世紀初頭の建造物群が良好な状態で保存されています。

海外旅行は世界遺産のキンデルダイク-エルスハウトの風車群へ行こう!

キンデルダイク-エルスハウトの風車群
Mill Network at Kinderdijk-Elshout


海外旅行世界遺産キンデルダイク-エルスハウトの風車群に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産キンデルダイク-エルスハウトの風車群をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,4
登録年  1997年

Mill Network at Kinderdijk-Elshout

世界遺産キンデルダイク-エルスハウトの風車群は、オランダ王国のロッテルダムの南東約 13 km の位置する、レク川とノールト川に挟まれた地区の風車網です。

そもそも、オランダは低湿地や干潟を干拓してできた土地にある国で、国土は4分の1以上が水面下にあり、風車はオランダにとって欠かせないものでした。

現在は、風車は動力ポンプに取って代わられ、本来の役目を終えたものがほとんどですが、世界遺産キンデルダイク-エルスハウトの風車群では、とても良い状態で風車が保存されているため、観光地として人気があるスポットです。

現在、オランダには1,000基程の風車がののこされていますが、中でも18世紀に造られた風車が19基とまとまった数で残されていて、広い湿地帯に広がる壮観な姿を見られるのは、ここ世界遺産キンデルダイク-エルスハウトの風車群だけです。

世界遺産のキンデルダイク-エルスハウトの風車群の見どころ】
世界遺産のキンデルダイク-エルスハウトの風車群では、毎年4~10月、祝日を除く毎日、風車の内部が見学出来ます。

また、7~8月の毎週土曜日には風車が回され、9月の第2週には、毎晩イルミネーションが風車を美しく飾るイベントが行われています。

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。