フランスなど、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行は世界遺産のル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市へ行こう!

ル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市
Le Havre, the City Rebuilt by Auguste Perret


海外旅行は世界遺産ル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  2005年

LE HAVRE - Blocks of Flats

世界遺産のル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市は、フランス共和国北西部、セーヌ川河口の大西洋に臨むノルマンディ地方の港湾都市です。

世界遺産のル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市は、第二次世界大戦中の1944年のノルマンディ上陸作戦によって、攻撃の対象にさらされ、死者5,000人、家屋の破壊12,500戸、家を失った者80,000人の甚大な被害を受けました。

これによって、世界遺産のル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市では、その大半が破壊されてしまいました。

その被害は、ヨーロッパの中でも最も甚大な被害を受けた都市のひとつとされてた程です。

1945年に、都市再建省が都市の再建を建築家のオーギュスト・ペレに委託しました。

オーギュスト・ペレは、再建にあたって、コンクリート資材を用いたプレハブ工法などの、新しい建築方法を採用しました。

そして、世界遺産のル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市は、20年をかけて、見事再建を果たし、生まれ変わったのです。

世界遺産のル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市は、20世紀の近代都市のパイオニアと言われています。

ペレの都市再建計画は前例にないものといわれ、当時は戦後の古い町並みを復旧した地域が多かった中、ペレは全く新し技法を用い、別のものに生まれ変わらせにも関わらず、損壊を逃れた建築物とうまく調和させたものとしました。

【世界遺産ル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市の見どころ】
オーギュスト・ペレの作品
・サン・ジョゼフ教会(église Saint-Joseph)・・・ペレが最後に手がけた建築です。 ・サン・ロシュ・スクウェア (Square St.-Roch)・・・再建地区と、残存した地区をつないでいる素晴らしい庭園です。
・サン・ミシェル教会 ・市庁舎
・カジノ
・ラウル=デュフィ中学校 (Collège Raoul-Dufy)
・プランタン百貨店 (Grand magasin du Printemps)
・アンドレ・マルロー美術館 (Musée des Beaux-Arts André Malraux)
・図書館

この他、まだまだありますが、世界遺産ル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市は、現代の景観が登録された珍しい例であるといえます。

スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産の中世市場都市プロヴァンへ行こう!

中世市場都市プロヴァン
Provins, Town of Medieval Fairs


海外旅行は世界遺産中世市場都市プロヴァンに行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産の中世市場都市プロヴァンをご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  2001年

Provins

世界遺産の中世市場都市プロヴァンは、フランス共和国の首都・パリから南へ90kmのシャンパーニュ地方に位置する、12世紀に造られた城壁で囲まれた町です。

世界遺産の中世市場都市プロヴァンは、紀元前1世紀頃から後4世紀頃にローマ軍によって建設された町ですが、この町が栄るようになったのは、11世紀末になってからです。

世界遺産の中世市場都市プロヴァンでは、11世紀末にシャンパーニュ伯の領地となり、定期的に「シャンパーニュの大市」が開かれるようになり、最盛期の13世紀には、外国から交易のために人々が集まり多種多様なものが取引されていました。

また、世界遺産の中世市場都市プロヴァンは、薔薇の花びらで作るジャムや、薔薇をはちみつやシロップに漬けたもの、あるいは薔薇のキャンディーなど、薔薇を使った製菓業でも栄え、今なお製靴業は盛んに行われています。

世界遺産中世市場都市プロヴァンは、フランス国内では「芸術と歴史の街」のひとつに選ばれており、中世の商館や広場、建築物には往時の面影が残っています。

【世界遺産中世市場都市プロヴァンの見どころ】
・セザールの塔 (Tour César)・・・12世紀に建造され、町のシンボルとされています。

・地下道・・・世界遺産中世市場都市プロヴァンはの町に10kmにわたって張り巡らせれている地下道です。

・十分の一税用の倉庫 (La grange aux dîmes)・・・かつて、「シャンパーニュの大市」も際に、在庫の収納所として使われた倉庫で、現在では博物館になっています。

・ロマネスクの家・・・10世紀ないし11世紀に建造されたプロヴァンで最も古い住居で、現在は展示室があります。

海外旅行は世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷へ行こう!

シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷
The Loire Valley between Sully-sur-Loire and Chalonnes


海外旅行は世界遺産シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,4
登録年  2000年

France - The Loire Valley between Sully-sur-Loire and Chalonnes

世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷は、フランス共和国中央部、首都パリの南約120kmのサントル地方とペイ・ド・ラ・ロワール地方にある渓谷です。

世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷流域には、ブロア、シノン、オルレアン、ソミュール、トゥールなどの歴史都市が点在し、フランス中央部に流れるロワール川の流域には、王侯貴族によって建てられた数多くの城や庭園があることから「フランスの庭」と呼ばれていました。

15世紀から16世紀にかけてイタリアから伝来したルネサンス芸術繁栄の中心地域であった世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷流域では、ルネサンス期の建築様式がふんだんに取りいれられた多彩な美しい城館を見ることが出来ます。

世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷で見られる城は、城砦ではなく、いわゆる、居城(シャトー)として建設されることが多かったようです。

また、世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷は、かつて宮廷が多くおかれ、世界で最も美しいと言語とされるフランス語が発達したのもこの地であると考えられていることから、「フランス語の揺籃地」とも呼ばれています。

尚、世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷の登録は2000年ですが、1891年に単独登録されていた「シャンボールの城と領地(Chateau and Estate of Chambord)」は、この物件の一部と見なされ統合されることとなりました。

【世界遺産シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷の見どころ】
シャンボール城・・・フランソワ1世がレオナルド・ダ・ヴィンチの設計案を採用して造った城で、世界遺産シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷最大です。

・アンボワーズ城・・・1492年に、シャルル8世の命令で既存の要塞を改築した城で、フランスで初めて、イタリア式のレイアウトが採用され、「ルネサンス期の傑作」とも言われています。

ブロワ城・・・多様な建築様式が入り混じり、まるで宮廷博物館のような城で、ギーズ公アンリが殺害された1588年の三部会の舞台でもありました。

シュノンソー城・・・アンリ2世が愛妾のために尽造らせたといわれている城です。

海外旅行は世界遺産のサン・テミリオンの管轄区域へ行こう!

サン・テミリオンの管轄区域
Jurisdiction of Saint-Emilion


海外旅行は世界遺産サン・テミリオンの管轄区域に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のサン・テミリオンの管轄区域をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 3,4
登録年  1999年

Saint-Emilion at 1 pm

世界遺産のサン・テミリオンの管轄区域は、フランス共和国、ボルドー地方の東部、ドルドーニュ川右岸のなだらかな丘陵地帯に広がる町で、つの自治体(コミューン)からなっています。

世界遺産のサン・テミリオンの管轄区域は、ワインの生産地として知られています。
ワインの製造が始まったのは、古代ローマ帝国の属州だった頃といわれていますが、12世紀半ば、サン・テミリオンを含むアキテーヌ公国がイングランド王領となり、この地方の中心都市であったボルドーにワインの輸出特権が与えられたから本格的に行われるようになりました。

サン・テミリオンは、ボルドーワインの公的格付けがなされているため、世界遺産のサン・テミリオンの管轄区域では、ブドウ畑も登録の対象となっています。

尚、ワイン産地が世界遺産に登録されたのは、世界遺産のサン・テミリオンの管轄区域がはじめてです。

【世界遺産サン・テミリオンの管轄区域の見どころ】

世界遺産のサン・テミリオンの管轄区域は、シャトー・オゾーヌ、それにシャトー・シュヴァル・ブラン、シャトー・ボーセジュール・ベコなど特一級といわれる13のシャトーがあることでも知られています。

海外旅行は世界遺産のリヨンの歴史地区へ行こう!

リヨンの歴史地区
Historic Site of Lyons


海外旅行は世界遺産リヨンの歴史地区に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のフリヨンの歴史地区をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  1998年

FR Historic Site of Lyons

世界遺産のリヨンの歴史地区は、フランス共和国中東部にあるフランス第二の都市で、絹の街として知られるリヨンにある石畳の街並みの残る旧市街からクロワ・ルースにかけての地区です。

世界遺産のリヨンの歴史地区は、ソーヌ川とローヌ川の2つの川を中心にして商業都市として栄え、起源は紀元前1世紀半ばのローマ時代で、2000年の長い歴史があります。

世界遺産のリヨンの歴史地区は、15世紀後半になると絹織物の技術が導入され、19世紀前半にはヨーロッパ最大の絹織物産業都市となりました。

また、15世紀にカラ-の挿絵を印刷する技術が発明されると、世界遺産のリヨンの歴史地区は、印刷業でも栄るようになりました。

【世界遺産リヨンの歴史地区の見どころ】

ベルクール広場
ソーヌ川とローヌ川のれた市の中心部にある、ヨーロッパでも最も大きな広場のひとつです。
中央にはルイ14世像が立ち、広場の南西隅、道路を挟んで西側には星の王子さまと作者のサン=テグジュペリの像が立っています。
広場では、様々イベントが不定期ですが、開催されています。

サン・ジャン大聖堂
1180年から1480年にかけて建てられた司教座聖堂で、フルヴィエールの丘のふもとにあります。
1600年にフランス王アンリ4世がマリー・ド・メディシスと結婚式を挙げたとされています。

フルヴィエールの丘
世界遺産リヨンの歴史地区のどこからでも見える丘で、頂上には1872年に着工されたフルヴィエール聖堂、丘の西側の中腹には紀元前15年に建てられた1万人収容のローマ劇場があります。

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。