カナダなど、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行は世界遺産のルーネンバーグ旧市街へ行こう!

ルーネンバーグ旧市街
Old Town Lunenburg


海外旅行は世界遺産ルーネンバーグ旧市街に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のルーネンバーグ旧市街をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 4,5
登録年  1995年

Lunenburg (Old Town)

世界遺産のルーネンバーグ旧市街は、カナダのハリファックスの南西約100km、大西洋に面したノヴァ・スコシア州ルーネンバーグ郡に位置する港町です。

世界遺産のルーネンバーグ旧市街は、もともとフランスの植民地でしたが、1753年にドイツやスイスなどからの移民のために建設された都市で、その名前はイギリス国王ジョージ2世にちなんでいます。

世界遺産のルーネンバーグ旧市街区の町並みは、イギリスで良く見られる格子状に仕切られていて、建物もビクトリア朝様式の木造建築です。 また世界遺産のルーネンバーグ旧市街区は、かつて豊富なタラの漁場と造船業に支えられ繁栄した町でもあります。

【世界遺産ルーネンバーグ旧市街の見どころ】

ルーネンバーグ・バンプ

The bright red waterfront buildings of Lunenburg

赤、白、黄色、青など派手な色彩でのペイント、独特な出窓や屋根飾りでできたルーネンバーグ・バンプはまるで19世紀にタイムスリップしたような感じです。

聖ジョン・アングリカ教会

St John's Anglican church, Lunenburg

1953年に建築された聖ジョン・アングリカ教会は、ネオ・ゴシック形式でデザインされています。

スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のグロス・モーン国立公園へ行こう!

グロス・モーン国立公園
Gros Morne National Park


海外旅行は世界遺産グロス・モーン国立公園に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のグロス・モーン国立公園をご紹介します。

登録区分 自然遺産
登録基準 7,8
登録年  1987年

Gros Morne National Park

世界遺産のグロス・モーン国立公園は、カナダの大西洋側のニューファンドランド島にある国立公園で、カナダでは第2位の大きさです。

世界遺産のグロス・モーン国立公園の名は、グロス・モーングロス・モーン山が由来で、「偉大なる絶壁」を意味します。

世界遺産のグロス・モーン国立公園の南部にある「テーブルランド」と呼ばれる赤茶けた岩山の台地は、地球のプレート(マントル)の活動により海底が隆起してできたものです。

また、世界遺産のグロス・モーン国立公園にある大きな湖、ウェスタン・ブルック・ポンド (Western Brook Pond) は直近の氷河期である2万5千年前から1万年前にかけて氷河の侵食で形成されたフィヨルドです。

また、世界遺産のグロス・モーン国立公園は高緯度にあるにも関わらず、メキシコ湾流(海流)の影響により比較的温暖な海洋性気候で、また、公園内のいたるところに湿地があり、食虫植物、高山植物も見られます。

【世界遺産のグロス・モーン国立公園の見どころ】

テーブルランド(Table Lands)
Table Lands, Gros Morne National Park

世界遺産のグロス・モーン国立公園の象徴ともいえるテーブルランドは、不毛の砂漠のような場所だが、金属分を多く含む地質が長年の酸化により褐色をしています。

ウェスタンブルックポンド(Western Brook Pond)
Western Brook Pond

長さ30kmにわたる狭い湖は淡水で、世界の湖の中でもその水質は非常に純粋だといわれています。

海外旅行は世界遺産のミグアシャ国立公園へ行こう!

ミグアシャ国立公園
Miguasha National Park


海外旅行は世界遺産ミグアシャ国立公園に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のミグアシャ国立公園をご紹介します。

登録区分 自然遺産
登録基準 8
登録年  1999年

Miguasha National Park, Quebec Canada

世界遺産のミグアシャ国立公園は、カナダ、ケベック州のガスペ半島の南岸に位置する国立公園です。

世界遺産のミグアシャ国立公園は、「魚類の時代」と呼ばれる多数の魚類が進化・出現した時代であるデボン紀の化石が出土する発掘地として世界的に有名でです。

世界遺産のミグアシャ国立公園では、3億7千万年前デボン紀の代表的な魚類とされている8種のうち、6種の魚の化石がここで出土しています。

世界遺産のミグアシャ国立公園に併設されている自然歴史博物館には、ユーステノプテロンの化石が展示されています。

ユーステノプテロンとは、4枚のヒレを持ち、魚類から四肢動物へ進化した肺魚のことです。

Fossilized fish, Miguasha National Park, Quebec

海外旅行は世界遺産のオールドケベック歴史地区へ行こう!

オールドケベック歴史地区
Historic District of Old Québec


海外旅行は世界遺産オールドケベック歴史地区に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のオールドケベック歴史地区をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 4,6
登録年  1985年

Old Quebec City

世界遺産のオールドケベック歴史地区は、カナダケベック州の州都ケベック・シティーにある旧市街(Old Québec、Vieux-Québec)のエリアで、北米で唯一城壁に囲まれた都市です。

当時フランスの植民地であった世界遺産のオールドケベック歴史地区では、フランスとイギリスの植民地争いが激化し、「フレンチ・インディアン戦争」(1755~63年)に発展しました。

この時にフランス側は、ヴィル・ド・ケベック(Vieux-Québec)の周りに城壁を築いたのです。

さらに、19世紀に世界遺産のオールドケベック歴史地区はアメリカの侵入を防ぐために石造りの城壁が築かれました。

これがオールド・シティと呼ばれている旧市街の歴史地区です。
ここには、植民地時代の石畳広場や小路地、教会などが残されています。

世界遺産のオールドケベック歴史地区ではイギリスの支配が長かったにも関わらず、現在でもケベックの住民はフランス語が常用語です。

世界遺産のオールドケベック歴史地区は丘の上にある城壁に囲まれたアッパータウン(Upper Town)と丘と川岸に間にあるロウワータウン(Lower Town)とに分れています。

【世界遺産のオールドケベック歴史地区の見どころ】

アッパータウン(Upper Town)
 ・シャトー・フロンテナック(旧市街のシンボルとなっている高級ホテル)
 ・ダルム広場(Place d'Armes)
 ・トレゾール小路(Rue du Trésor)
 ・ノートルダム聖堂(Notre-Dame de Québec)
 ・テラス・デュフラン(Terrasse Dufferin)(シャトー・フロンテナックの横手から伸びるオリエンタル様式のバルコニー)

ロウワータウン(Lower Town)
 ・プチ・シャンプラン(Quartier du Petit Champlain)
 ・北米最古といわれる繁華街
 ・ロワイヤル広場(Place Royale)
 ・勝利のノートルダム教会(Église Notre-Dame-des-Victoires)

海外旅行は世界遺産のカナディアン・ロッキー山脈自然公園群へ行こう!

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群
Canadian Rocky Mountain Parks


海外旅行は世界遺産カナディアン・ロッキー山脈自然公園群に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のウッド・バッファロー国立公園をご紹介します。

登録区分 自然遺産
登録基準 7,9,10
登録年  1984年 拡張 1990年

Canadian Rocky Mountains

世界遺産カナディアン・ロッキー山脈自然公園群は、4ヶ所の国立公園(バンフ国立公園、ジャスパー国立公園、クートネー国立公園、ヨーホー国立公園)と3ヶ所の州立公園(ハンバー州立公園、マウント・アシニボイン州立公園、マウント・ロブソン州立公園)が連続して南北に連なっている自然公園群です。

世界遺産カナディアン・ロッキー山脈自然公園群では、3,000メートル級の山々がいだく氷河、美しい氷河湖、滝、峡谷、鍾乳洞、化石などの今なお残る手つかずの自然が見られます。

【世界遺産カナディアン・ロッキー山脈自然公園群の見どころ】
ジャスパー国立公園(Jasper National Park)
Jasper National Park

世界遺産カナディアン・ロッキー山脈自然公園群の最も北の位置にあるジャスパー国立公園は、コロンビア大氷原とその氷河が溶けて出来た氷河湖マリーンレイクから見る自然はまさに美しいの一言です。

バンフ国立公園(Banff National Park)
Peyto Lake in Banff National Park

バンフ国立公園は、ジャスパー国立公園の南に隣接し、氷河から解け出た水に含まれる岩粉により、湖面は独特なエメラルド色をしていいるレイク・ルイーズ(Lake Louise)があります。

この湖は「カナディアンロッキーの宝石」と讃えられるほど美しいです。

ヨーホー国立公園(Yoho National Park)
Lake Ohara, Yoho National Park, BC, Canada

バンフ国立公園の南に隣接するヨーホー国立公園では、3,000m級の山やカナディアンロッキーで最大の落差約400mもある豪快なタカカウ滝(Takakau Falls)が見られます。
また、神秘的な色合いを見せるエメラルド・レイク(Emerald Lake)などがあります。

ここで、忘れてならないのが、三葉虫の化石が出土するバージェス頁岩(けつがん)です。

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。