ハンガリーなど、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行は世界遺産のトカイワイン産地の歴史的文化的景観へ行こう!

トカイワイン産地の歴史的文化的景観
Tokaj Wine Region Historic Cultural Landscape


海外旅行は世界遺産トカイワイン産地の歴史的文化的景観に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のトカイワイン産地の歴史的文化的景観をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 3,5
登録年  2002年

HUNGARY - Tokaj Wine Region Historic Cultural Landscape 4

世界遺産のトカイワイン産地の歴史的文化的景観は、ハンガリー共和国北東部、スロバキアとウクライナ国境に近いティサ川とボドログ川流域のトカイ地方にあるワイン生産地域と貯蔵設備群です。

世界遺産のトカイワイン産地の歴史的文化的景観は、28の有名な村と7000ヘクタールのブドウ畑から成ります。
現在も栽培が行われているブドウ畑は、およそ5000ヘクタールです。

トカイ地方でワインの生産が始まったのは、定かではないようですが、歴史的な資料から12世紀にはここにブドウ畑が作られていたことが分かっているので、恐らくそれ以前からワインの生産が始まっていたと推測されています。

トカイ地方がワインの生産地として発展したのは、16世紀以降です。

トカイワインの名を世に知らしたのは17世紀にはなってからで、ヴェルサイユ宮殿でトカイワインが出され、ルイ14世をして、「王者のワインにしてワインの王者」と言わしめたほどです。

芳醇な香りと甘味が特徴のこのトカイワインは、実は偶然の産物だったようです。

そもそもトカイ地方は、気候や地形からブドウの栽培に適しいる上に、秋から冬にかけ畑を包み込む濃い霧が発生し、湿気により葡萄の房にカビが発生します。
17世紀にオスマン・トルコの侵略するとブドウの栽培が遅れ、そこへこの地方独特の気象条件が加わって偶然生まれたのがトカイワインだとされています。

世界遺産のカイワイン産地の歴史的文化的景観は、1000年以上にもわたるワインを生産の伝統的な土地利用、葡萄畑、農村の歴史、さらに300年前からワイン生産管理を厳しく行ってきた良質のワインを生産する自然と文化が評価されました。

【世界遺産世界遺産のトカイワイン産地の歴史的文化的景観の見どころ】

世界遺産世界遺産のトカイワイン産地の歴史的文化的景観では、トカイ ラーコーツィー・ワインセラー、セラー試飲会場、トカイ博物館があります。
スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のホルトバージ国立公園-プッツァへ行こう!

ホルトバージ国立公園-プッツァ
Hortobágy National Park - the Puszta


海外旅行は世界遺産ホルトバージ国立公園-プッツァに行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のホルトバージ国立公園-プッツァをご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 4,5
登録年  1999年


Hortobágy, Hungary

世界遺産のホルトバージ国立公園-プッツァは、ハンガリー共和国東部のデブレツェン西方に位置する、面積800㎢の国立公園です。

ホルトバージ国立公園は、ハンガリー内で最大の保護された地域であり、また現存する中央ヨーロッパ最大の牧草地でもあります。

ここでは、「プッツァ」と呼ばれる平原と湿地帯があり、動物の放牧が見られます。

この地は2000年以上、牧畜で栄えてきており、遊牧民たちがこの地方独特の長い角の牛やラッカと呼ばれる羊の放牧を行っています。

また、牛や羊以外にも様々な種類の野生生物、300種類以上の鳥類などの生息地でもあります。

世界遺産のホルトバージ国立公園-プッツァでは、その自然環境だけでなく、そこに形成された文化的景観が評価されたものです。

【世界遺産世界遺産のホルトバージ国立公園-プッツァの見どころ】

公園内にはハンガリー最長(92m)、かつ、最古の石橋(1833年完成)や、17世紀末から19世紀に建てられた「チャールダ」と呼ばれる旅籠屋などの歴史的建造物も残されています。

海外旅行は世界遺産のパンノンハルマのベネディクト会修道院とその自然環境へ行こう!

パンノンハルマのベネディクト会修道院とその自然環境
Millenary Benedictine Abbey of Pannonhalma and its Natural Environment


海外旅行は世界遺産パンノンハルマのベネディクト会修道院とその自然環境に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のパンノンハルマのベネディクト会修道院とその自然環境をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 4,6
登録年  1996年

Pannonhalma

世界遺産のパンノンハルマのベネディクト会修道院とその自然環境は、ハンガリー共和国北西部に位置するパンノンハルマ市にあるハンガリー最古の修道院とその周辺の自然環境です。

パンノンハルマの大修道院は、996年にハンガリー初のベネディクト会修道院として、ゲーザ大公(Géza)によって創設されました。

修道院は、12世紀に火災により消失し、その後再建されています。
そして、1486年には、国王マーチャーシュ1世のもとで、ゴシック様式の改築が行われました。

1541年に大修道院となると、16世紀から17世紀にかけてのオスマン帝国のヨーロッパ侵攻にあわせて、要塞に転用されました。

オスマン帝国の支配の後、パンノンハルマの大修道院は損傷した建造物群の再建が行われ、バロック様式での建設が進められました。

18世紀には啓蒙思想の影響で修道院の生活も影響を受け、育児や教育のみ重点が置かれていました。

世界遺産のパンノンハルマのベネディクト会修道院には、今でも修道士がここで暮らしています。
修道院には男子の寄宿学校であるパンノンハルマのベネディクト会中等学校が併設されています。

【世界遺産世界遺産のパンノンハルマのベネディクト会修道院とその自然環境の見どころ】

世界遺産世界遺産のパンノンハルマのベネディクト会修道院とその自然環境には、13世紀に建設されたクリプトを含むバシリカ式聖堂や、回廊、36万冊の蔵書を擁する付属図書館、バロック様式の会食堂、19世紀半ばに建てられた高さ55mの時計塔などが残っています。

また、修道院には植物園も付設されていて、薬草や貴重種が育てられるなど、建物群などの文化価値と併せて自然価値も評価されています。

海外旅行は世界遺産のアグテレック・カルストとスロバキア・カルストの洞窟群へ行こう!

アグテレック・カルストとスロバキア・カルストの洞窟群
Caves of Aggtelek Karst and Slovak Karst


海外旅行は世界遺産アグテレック・カルストとスロバキア・カルストの洞窟群に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のアグテレック・カルストとスロバキア・カルストの洞窟群をご紹介します。

登録区分 自然遺産
登録基準 8
登録年  1995年
拡張年  2000年、2008年

cave Domica

世界遺産のアグテレック・カルストとスロバキア・カルストの洞窟群は、ハンガリー共和国北部のアグテレック地方に広がるカルスト地形(アグテレック・カルスト)とスロバキア共和国南部のスロバキア・カルストにまたがる、カルパティア山脈一帯に点在する700以上の洞窟群です。

アグテレック・カルストとスロバキア・カルストの洞窟群は、ハンガリーとスロバキア両国共有の世界遺産として登録されています。

【世界遺産世界遺産のアグテレック・カルストとスロバキア・カルストの洞窟群の見どころ】

世界遺産世界遺産のアグテレック・カルストとスロバキア・カルストの洞窟群のなかには、ヨーロッパ最大の鍾乳洞バラドゥラ=ドミツァ洞窟があります。
この洞窟は、両国にまたがっていて、その長さは25kmにも及び、ハンガリー側はバラドゥラ洞窟、スロバキア側はドミツァ洞窟と呼ばれています。

バラドゥラ洞窟は複雑に入り組んでいて、その形状に合わせて様々な異名が付けられています。
その中のひとつ、鍾乳洞の音響効果が音楽鑑賞に効果的なために名づけられた「コンサートの広間」では、夏に実際にオペラやオーケストラの演奏会が開催されます。

スロバキア側にあるドブシンスカ氷穴は、夏でも氷が溶けない氷の洞窟で、30~40万年前の氷河期に形成され、洞窟内に閉じ込められた冷気が雨や霜を冷やし、氷壁や氷柱を作り出しました。
ただし、ここへの見学ツアーは夏しか行われていません。

Dobšinská ľadová jaskyňa

海外旅行は世界遺産のドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペストへ行こう!

ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト
Budapest, including the Banks of the Danube, the Buda Castle Quarter and Andrássy Avenue


海外旅行は世界遺産ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペストに行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペストをご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  1987年
拡張年  2002年

Hungary: Budapest - Parliament


世界遺産のドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペストは、ハンガリー共和国、首都ブダペストの美しい街並みです。

ブダペストは、ドナウ川を挟んで西岸のブダ地区と東岸のペスト地区からなり「ドナウの真珠」、「ドナウのバラ」、「ドナウの女王」、「東欧のパリ」などと呼ばれ、美しさには定評がある街です。

ブダペストの歴史は、2世紀に築かれたローマ帝国の植民都市アクインクム (Aquincum) にまで遡ります。
アクインクムは時代の遺跡がオーブダ地区周辺を中心に残されています。

9世紀にマジャール人の移住してくると、現在のペストであるクインクムの対岸を中心に発展しました。

ハンガリーが1241年から1242年にかけてモンゴル帝国の侵攻を受けると、防衛のためペストの対岸の丘に城塞が築かれ、エステルゴムから都が移されたました。
これがブダ地区の発展の始まりです。

16世紀に入るとハンガリーはオスマン帝国に占領され、事故によって城も損壊します。

17世紀末には神聖ローマ帝国領となった後、特にマリア・テレジアの治世下などで建造物群の修復や増築が大規模に行われました。

1872年にはブダ、オーブダ、ペストの3地区の統合が決まり、現在のブダペストが成立しました。
時期を同じくして、ハンガリーは、オーストリア=ハンガリー帝国の成立で自治が認められたことから、様々な建築物の改築や新築が進められ、街並みが整えられていきました。

これらの建物は、第2時世界大戦などによって大きな被害を受けましたが、現在は修復され、19世紀以降の街の姿がほぼ再建されています。


【世界遺産世界遺産のドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペストの見どころ】

ブダ城・・・ブダ地区の発展の象徴とされ、先進的なルネサンス様式が取り入れられていいます。 現在、城内にはハンガリー国立美術館、国立セーチェーニ図書館(ハンガリーの国立図書館)、ブダペスト歴史博物館などが入っています。
また、ブダ城の地下には自然の洞窟が元になった長大な迷宮が広がり、地下の墓所なども残っています。

マーチャーシュ聖堂・・・正式名は「聖母マリア聖堂」で、1255年から1269年にベーラ4世が建造した聖堂が元になっています。

国会議事堂・・・ペスト地区河岸の建造物群の中でもひときわ目を惹くハンガリーの国会議事堂です。館内には画家ムンカーチ・ミハーイの作品『征服』などが飾られ、王権の象徴であった聖イシュトバーンの王冠や王笏などが展示されています。

エルジェーベト橋・・・橋の名前は、美貌で知られたオーストリア皇后エリーザベト(ハンガリー王妃エルジェーベト)にちなんでいます。1903年の完成当初は、チェーン吊橋としては世界最大で最も美しいとも言われていました。

アンドラーシ通り・・・通りの名前は、当時の首相アンドラーシ・ジュラにちなんでいて、街路のモデルとなったのはパリのシャンゼリゼ通りです。
この通り沿いには国立オペラ座があり、

このほかにも、世界遺産世界遺産のドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペストには数多くの見所があります。

昼間見て回るのもいいですが、ドナウ川から見えるブダペストの夜景は、まさにすばらしいの一言につきます。

夜になるとブダ城とくさり橋がライトアップされた姿もぜひ見ておきたいところです。

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。