イタリアなど、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行は世界遺産のウルビーノ歴史地区へ行こう!

ウルビーノ歴史地区
Historic Centre of Urbino


海外旅行は世界遺産ウルビーノ歴史地区に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のウルビーノ歴史地区をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  1998年



世界遺産のウルビーノ歴史地区は、イタリア共和国、中部マルケ州にあるペザロ・エ・ウルビーノ県の県都です。

世界遺産のウルビーノ歴史地区は、山間部の小さな街ですが、多くの文化遺産を擁する芸術の街として知られています。
かのラフォエロが、生まれ育ったのもこの世界遺産のウルビーノ歴史地区です。

世界遺産のウルビーノ歴史地区は中世にはウルビーノ公国の首府であり、ルネサンス期にモンテフェルトロ家の下で最盛期を迎えました。

モンテフェルトロ家でもっとも有名なのは、1444年から1482年に在位したフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロです。

フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロは、傑出した傭兵隊長であっただけでなく、外交に長け、また熱烈な芸術と文芸の保護者であったのです。

【世界遺産のウルビーノ歴史地区の見どころ】

・ドゥカーレ宮殿・・・現在は国立マルケ美術館として一般公開されている宮殿は、ラファエロの「黙っている女」、ピエロ・デラ・フランチェスカの「セニガリアの聖母」「キリストの鞭刑」など、ルネッサンス絵画の傑作が集まっています。地下には昔の台所や公爵の風呂跡も残されています。目を見張るほど美しい中庭もあります。

・ラファエロの生家・・・ラファエロが14歳まで過ごした家で、フレスコ画の代表作「聖母子像」がああります。

・サン・ジョヴァンニ礼拝堂・・・「十字架磔刑図」や「聖ジョヴァンニの生涯」などサリンベーニ兄弟の後期ゴシック様式のフレスコ画が有名です。
スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のアクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカへ行こう!

アクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカ
Archaeological Area and the Patriarchal Basilica of Aquileia


海外旅行は世界遺産アクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカに行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のアクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカをご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 3,4,6
登録年  1998年



世界遺産のアクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカは、イタリア共和国、北東部のアクイレイアにある古代ローマ時代の遺跡と大聖堂です。

アクイレイアは、紀元前181年に建設された古代ローマの植民都市を起源とし、古代ローマ最大の都市の一つされ、1世紀から4世紀にかけ交易都市として繁栄しました。

しかし、5世紀以降、アクイレイアの街は西ゴート族やフン族などの侵攻を受けてたびたび破壊され、再建のたびに都市は規模を縮小していきました。

その数世紀後の1031年、総大司教ポッポ(ポッポーネ) によって現在のアクイレイア大聖堂が建設され、1379年ごろに総大司教マルカド によってゴシック様式に改修されました。

【世界遺産のアクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカの見どころ】

アクイレイアの最大の見どころである大聖堂は、陸屋根を持つバシリカ式聖堂で、アクイレイアが東方・中央ヨーロッパへの中継地として、キリスト教伝導という宗教的にも重要な役割を担っていたとされています。

大聖堂の内部は、4世紀以来のモザイク模様の敷石が見事です。



また、様々な時代のフレスコ画も見る事ができます。

海外旅行は世界遺産のスー・ヌラージ・ディ・バルーミニへ行こう!

スー・ヌラージ・ディ・バルーミニ
Su Nuraxi di Barumini


海外旅行は世界遺産スー・ヌラージ・ディ・バルーミニに行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のスー・ヌラージ・ディ・バルーミニをご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,3,4
登録年  1997年



世界遺産のスー・ヌラージ・ディ・バルーミニは、イタリア半島の西、ティレニア海上に位置するサルデーニャ島中部のカリアリ県バルーミニにあるヌラーゲ考古遺跡中にです。

紀元前2世紀後半、バルーミニ村に堅固な石造りのヌラージ(要塞化した家屋)の建設が始められました。

今もサルデーニャ島内には、およそ7,000ものヌラージが残されています。

世界遺産のスー・ヌラージ・ディ・バルーミニ、巨石を円筒・円錐状に積み上げた独特の建物のヌラージは、塔や防壁、武器庫や井戸などからなっています。

スー・ヌラージ・ディ・バルーミニは、紀元前1世紀に古代カルタゴからの攻撃を耐え抜き、先史時代の貴重な建造物として残ったことが評価されて世界遺産登録されました。

【世界遺産のスー・ヌラージ・ディ・バルーミニの見どころ】

世界遺産のスー・ヌラージ・ディ・バルーミニでは、ガイドつきのツアーのみで見学が可能です。
なお、ツアーは30分おきに催行されています。

海外旅行は世界遺産のアグリジェントの遺跡地域へ行こう!

アグリジェントの遺跡地域
Archaeological Area of Agrigento


海外旅行は世界遺産アグリジェントの遺跡地域に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のアグリジェントの遺跡地域をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,3,4
登録年  1997年

Temple of Concord 3.

世界遺産のアグリジェントの遺跡地域は、イタリア共和国、シチリア島南部アグリジェントに残る考古遺跡です。

アグリジェントは、シチリア最後のギリシャ植民都市の一つで、紀元前6世紀にギリシャ人によって建てられました。

以来、地中海地方の中心都市となって、ギリシア・ローマ時代の都市造りに大きな影響を与えました。

アグリジェントの最盛期は紀元前480年頃で、当時の遺跡は、町周辺の小高い丘にある「神殿の谷(Valle dei Templi)」に残されています。

「神殿の谷(Valle dei Templi)」は、シチリア島の観光名所というだけでなく、イタリアの国定史跡にもなっています。

【世界遺産のアグリジェントの遺跡地域の見どころ】

世界遺産のアグリジェントの遺跡地域、神殿の谷には以下の7つの神殿遺跡があります。

ユーノー神殿・・・紀元前5世紀に建てられた神殿で、結婚の宴に使用されていました。

コンコルディア神殿・・・紀元前5世紀に建てられ、紀元6世紀にキリスト教の聖堂に転用されました。

ヘラクレス神殿・・・神殿の谷で一番古い神殿ですが、地震により現在は8本の柱のみが残っています。

ゼウス・オリンピア神殿・・・紀元前480年にカルタゴに勝利したことを記念して建造されました。

カストル・ポリュデウケス神殿・・・現在は、4本の柱が残るだけですが、世界遺産のアグリジェントの遺跡地域の象徴的存在です。

ウルカヌス神殿・・・紀元前5世紀に建てられ、最も荘厳な神殿でした。

アスクレピオス神殿・・・病気の快復を願う巡礼者たちの目的地であった神殿です。

海外旅行は世界遺産のアマルフィ海岸へ行こう!

アマルフィ海岸
Costiera Amalfitana


海外旅行は世界遺産アマルフィ海岸に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のアマルフィ海岸をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4,5
登録年  1997年

Costiera amalfitana

世界遺産のアマルフィ海岸は、イタリア共和国、カンパーニア州サレルノ県、ソレント半島南岸のソレントからポジターノ、アマルフィを通ってサレルノに至るまでの約30kmの海岸線一帯です。

世界遺産のアマルフィ海岸は、世界で最も美しい海岸と言われています。

アマルフィの街の名の由来は、ギリシア神話の英雄ヘラクレスが愛した妖精の亡骸を最も美しい海岸に埋葬し、彼女の名をその街に付けられたと伝えられています。

アマルフィの起源はローマ時代にまで遡り、839年には、ナポリ公国から独立してアマルフィ公国となり、そして、イタリアの商業の中心地として地中海貿易を支配するまでになります。

また、アマルフィの歴史はヴェネツィアやジェノバよりも古く、地中海を航行する際に羅針盤が使用されたのもアマルフィが最初だったといわれています。

しかし、ヴェネツィア、ジェノヴァ、ピサなどの海洋都市国家が繁栄すると次第にアマルフィは衰退していきました。

そして、アマルフィは1343年の大嵐で、都市の大部分が破壊され、街は終焉を迎えることとなります。

【世界遺産世界遺産のアマルフィ海岸の見どころ】

世界遺産のアマルフィ海岸の市街にはヨーロッパ、ビザンツ、イスラムなどの様式が複雑に混じり合った独特の町並みが残されています。

高級リゾートのポジターノや丘の上に建って海を見下ろすラヴェッロ、アマルフィの町の中心には千年の歴史をほこる大聖堂、アマルフィ大聖堂があります。

急勾配の斜面に貼りつくように広がった町には、迷路のように道幅の狭い通りが張り巡らされて、その多くが階段になっています。

また、世界遺産世界遺産のアマルフィ海岸では、自然の地形を利用して、オリーブやレモンなどを栽培するなど、人々は今も当時と変わらぬ生活を続けています。

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。