スウェーデンなど、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行は世界遺産のクロンボー城へ行こう!

海外旅行は世界遺産のクロンボー城へ行こう!

クロンボー城
Kronborg Castle


海外旅行は世界遺産のクロンボー城に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産クロンボー城をご紹介します。

Kronborg Castle

登録区分 文化遺産
登録基準 4
登録年  2000年

世界遺産のクロンボー城は、デンマーク王国のシェラン島北東部のヘルシンゲルにあるルネサンス様式の古城です。

世界遺産のクロンボー城は、あの有名な劇作家シェイクスピアの4大悲劇のひとつ「ハムレット」の舞台になったお城です。

世界遺産のクロンボー城は、もともと海峡の防衛や通行税徴収を目的として、1420年代に建設された砦でした。

1574年から1585年にかけて世界遺産のクロンボー城の前身であるこの砦は、フレデリク2世によって再建され、大規模な城へと変貌を遂げました。

その後、世界遺産のクロンボー城は、幾度となく火災や攻撃にあい、一旦は落城するもその都度、改修工事がなされ、姿を変ながら現在の城となったのです。

また、世界遺産のクロンボー城は、1785年~1924年までデンマーク軍の基地司令部として利用されていました。

【世界遺産クロンボー城の見どころ】

Kronborg Castle

世界遺産クロンボー城の北棟は王の住居、西棟は王妃の住居、東棟は王族の部屋と厨房、南棟は教会になっていて、室内には18〜19世紀の家具や調度品や絵画コレクションなどが見られます。

この他、世界遺産クロンボー城内部には巨大なホールやデンマーク商業海事博物館、地下には、兵舎や地下牢があり、城の入り口の壁には、シェークスピアの胸像もあります。

スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のヴァールベリ・ラジオ放送局へ行こう!

ヴァールベリ・ラジオ放送局
Varberg Radio Station


海外旅行世界遺産ヴァールベリ・ラジオ放送局に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産ヴァールベリ・ラジオ放送局をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  2004年

Varberg radio station 1

ヴァールベリ・ラジオ放送局は、スウェーデン王国、ハッランド県ヴァールベリ近郊に位置する超長波(VLF)送信局です。

ヴァールベリ・ラジオ放送局は、高周波発電機式(アレキサンダーソン式)としては唯一稼動可能な超長波(VLF)送信機を備えています。

ヴァールベリ・ラジオ放送局は、1922年~1924年に開設され、1950年代まではアメリカの無線通信所との間の大西洋横断無線通信のために利用されてきました。

ヴァールベリ・ラジオ放送局は、1996年には運用を停止していますが、保存状態良かったため、現在でも稼働が可能な状態です。

また、ヴァールベリ・ラジオ放送局は、超長波(VLF)送信にとどまらず、短波帯、FM放送、テレビ放送の送信も行っています。

世界遺産ヴァールベリ・ラジオ放送局の見どころ】
世界遺産ヴァールベリ・ラジオ放送局の超長波送信アンテナは、高さ 127 m の自立型鉄塔6基の間に渡されたワイヤで構成されています。

そのため、世界遺産ヴァールベリ・ラジオ放送局の超長波送信アンテナは、巨大な送電用鉄塔のように見えます。

海外旅行は世界遺産のファールンの大銅山地域へ行こう!

ファールンの大銅山地域
Mining Area of the Great Copper Mountain in Falun


海外旅行は世界遺産のファールンの大銅山地域に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産ファールンの大銅山地域をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,3,5
登録年  2001年

The copper mine in Falun 1 (UNESCO)

世界遺産のファールンの大銅山地域は、スウェーデン王国中部のダーラルナ地方のある都市で、かつて銅山の町として栄えた地域です。

世界遺産のファールンの大銅山地域では最盛期には世界の銅の2/3の産出量を誇り、1992年まで採掘が続けらていました。

世界遺産のファールンの大銅山地域の歴史は1200年にさかのぼり、この時期にすでに銅の採掘が始まっており、14世紀には街や市場が形成されたと言われています。

世界遺産のファールンの大銅山地域で産出された銅は良質であったため、スウェーデンの経済にとっては重要な産業となっていました。

世界遺産のファールンの大銅山地域の銅は、フランスのヴェルサイユ宮殿などの巨大な建築の屋根にも使用されていました。

【世界遺産ファールンの大銅山地域の見どころ】
世界遺産ファールンの大銅山地域には採掘抗をはじめ、工業都市として発展してきた歴史の足跡など残されています。
また世界遺産ファールンの大銅山地域の一部は公開されていて、銅山採掘跡や工場などを見ることが出来ます。

海外旅行は世界遺産のエーランド島南部の農業景観へ行こう!

エーランド島南部の農業景観
Agricultural Landscape of Southern Öland


海外旅行は世界遺産のエーランド島南部の農業景観に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産エーランド島南部の農業景観をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 4,5
登録年  2000年

SE - Öland - Agricultural Landscape of Southern Öland - Lange Jan Lighthouse

世界遺産のエーランド島南部の農業景観は、スウェーデン王国にある文化的景観の一種で、エーランド島はスウェーデン南部のバルト海に位置する大きな島です。

エーランド島の大部分は石灰岩で覆われた荒地で、しかも一年の大半が冬で、高い山などがない平らな島には、冷たい風が吹きつけ、大地は凍りつきます。

世界遺産のエーランド島南部の農業景観は、人類が約5,000年前の先史時代から現在まで厳しい自然環境という制約に適応する工夫をしてきたことが評価されたのです。

そして、世界遺産のエーランド島南部の農業景観の地域では、不毛な土地とアルカリ性の土壌のせいで、希少種を含む植生が多数見られます。

また、世界遺産のエーランド島南部の農業景観の地域では、氷期以前にこの海域に生息していたオウムガイの祖先に当たるオルトケラスの化石が多数発見されています。

【世界遺産エーランド島南部の農業景観の見どころ】
世界遺産のエーランド島南部の農業景観では、このような不毛の土地で人々が厳しい自然環境に適応して生活してきた痕跡、歴史的な風車や様々な農業文化を見ることが出来ます。

海外旅行は世界遺産のヘーガ・クステンとクヴァルケン群島へ行こう!

ヘーガ・クステンとクヴァルケン群島
High Coast / Kvarken Archipelago


海外旅行は世界遺産のヘーガ・クステンとクヴァルケン群島に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産クヴァルケン群島/ハイ・コーストをご紹介します。

登録区分 自然遺産
登録基準 8
登録年  2000年
拡張年  2006年

High Coast

世界遺産のヘーガ・クステンとクヴァルケン群島は、バルト海北部のボスニア湾沿岸に位置し、スウェーデン王国のヘーガ・クステンとフィンランド共和国のクヴァルケン群島からなります。

世界遺産のヘーガ・クステンとクヴァルケン群島は、古代に氷河が後退し、氷河期の氷河が溶けたため土地が隆起して出来た自然現象の地域と考えられています。

世界遺産のヘーガ・クステンとクヴァルケン群島のうち、ヘーガ・クステンはスウェーデンのヴェステルノールランド県に広がるボスニア湾沿岸部の海岸であり、この一帯は切り立った断崖の海岸線、渓谷、湖沼と入り江、島と高地からなる多彩な景観をつくり出しています。

ヘーガ・クステンでは、氷河の溶解による土地の隆起が起こる「リバウンド現象」が見られ、2000年に世界遺産に登録されました。

その後、フィンランドのクヴァルケン群島でも同様の「リバウンド現象」が観測されたため、2006年に同島が追加され拡大登録されたのです。

【世界遺産ヘーガ・クステンとクヴァルケン群島の見どころ】
High Coast Bridge

世界遺産ヘーガ・クステンとクヴァルケン群島には、1997年に開通した1,210m以上もの長さのつり橋、ベガクステン橋(スカンディナヴィアで二番目の長さ)も有名です。
また、海岸線沿いには先史時代の遺跡も点在していています。

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。