海外旅行は世界遺産のメサ・ヴェルデ国立公園へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のメサ・ヴェルデ国立公園へ行こう!

メサ・ヴェルデ国立公園
Mesa Verde National Park


海外旅行は世界遺産メサ・ヴェルデ国立公園に行きましょう!
本日は、海外旅行世界遺産のメサ・ヴェルデ国立公園をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 (iii)
登録年 1978年


Mesa Verde


世界遺産のメサ・ヴェルデ国立公園は、アメリカの国立公園の中では唯一自然の公園ではない公園です。
また、世界遺産のメサ・ヴェルデ国立公園はスペイン語で「緑の台地」を意味します。

メサ・ヴェルデ国立公園はコロラド州南西部に位置し、1906年に国立公園になったアメリカ先住民アナサジ族の集落遺跡です。
メサ・ヴェルデ国立公園が世界遺産(文化遺産)に登録されたのが1978年です。

【世界遺産のメサ・ヴェルデ国立公園概要】

アメリカ先住民であるアナサジ族は9世紀ごろ、干しレンガの壁を持った建物による区画整理が始まり、キヴァという儀式を伴う場して集落を形成します。
当時は、畑や住居はメサ(崖上の台地)の上にあったと考えられています。

その後12世紀には、外敵から身を守るために、崖下に住居を移し、本格的な「岩窟住居」を作って、住み始めたと言われています。

【世界遺産のメサ・ヴェルデ国立公園の見どころ】

世界遺産のメサ・ヴェルデ国立公園の最大の見どころは、「クリフ・パレス」と言われる岩窟住居です。
「クリフ・パレス」は217室を有し、その高さは一番高いところでは4階建てに相当するそうです。
まるで、現代の高級マンションのようだともっぱら評判の「クリフ・パレス」への見学ツアーは、公園レンジャーの引率によるもののみしか入場が許可されていません。

この公園レンジャーによる引率は有料で、メサ・ヴェルデのビジターセンターで申し込みをすることが出来ます。

スポンサーサイト
TOPアメリカ海外旅行は世界遺産のメサ・ヴェルデ国立公園へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。