海外旅行は世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)へ行こう!

Ir.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)
Ir.D.F. Woudagemaal (D.F. Wouda Steam Pumping Station)


海外旅行は世界遺産Ir.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,4
登録年  1998年

Ir.D.F. Woudagemaal (D.F. Wouda Steam Pumping Station)

世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)は、オランダ王国北部、フリースラント州南部のアイセル湖に面する町レメル (Lemmer) にある蒸気式揚水場です。

かつて、低地の多いオランダでは、排水のために風車が利用されていました。
19世紀入ると、より効率的な蒸気機関を利用した揚水ポンプ装置が発明され、風車がこれに取って変わりました。

世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)は、これらの揚水ポンプ装置のひとつです。

そして、世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)は、揚水施設としては世界最大規模です。

1920年に完成した世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)は、建築に携わった技師D.F.ヴァウダの名に由来しています。

往時オランダには、蒸気式揚水ポンプ装置が700以上もあったとされていますが、現在は蒸気式ものはほとんど使われていませんが、世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)は、今も使用されています。

尚、世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)のお蔭で、レメルの町が水没の難を逃れたとも言われています。

【世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)の見どころ】

世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)は、ガイドツアーで見学することができ、一部は博物館として公開されています。

スポンサーサイト
TOPオランダ海外旅行は世界遺産のIr.D.F.ヴァウダヘマール(D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場)へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。