海外旅行は世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)へ行こう!

ドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)
Droogmakerij de Beemster (Beemster Polder)


海外旅行は世界遺産ドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4,5
登録年  1999年

SMS_20120614_548.JPG

世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)は、オランダ王国、アムステルダムの北、北ホラント州のプルメレンドの近郊のベームステルにある17世紀初期に造られたオランダ最古のポルダー(干拓地です。)

世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)は、中心である中央ベームスター、耕作地として発展した北ベームスターと西ベームスター、園芸農業が盛んな南東ベームスターの4つの区画に分かれています。

世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)は、もとは、オランダ東インド会社の海外派遣の食糧調達のための農地の創出を計画したものでした。

世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)は、一旦は農地として利用されましたが、風車を利用した排水もうまくいかなかったため、牧草地に転用されてしまいました。

その後、世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)では、排水技術の向上で土地が改善し、現在は花卉などの園芸農業などが営まれています。

世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)の田畑、道路、堤防、運河、風車、村落が織りなす文化的景観が見事に調和した設計は、その後のヨーロッパをはじめとする各地での干拓事業に大きな影響を与えたと言われています。

尚、世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)では、管理は、ベームステル市とワータースパップ(水域管理局)とが共同で行なっています。

【世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)の見どころ】

世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)では、17世紀以来の景観が今なお残されており、それとともに歴史的意義が評価されたものです。

スポンサーサイト
TOPオランダ海外旅行は世界遺産のドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームステル干拓地)へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。