海外旅行は世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸へ行こう!

リートフェルト設計のシュレーテル邸
Rietveld Schröderhuis (Rietveld Schröder House))


海外旅行は世界遺産リートフェルト設計のシュレーテル邸に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2
登録年  2000年

Rietveld Schröder House, Utrecht

世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸は、オランダ王国の首都アムステルダムの南25km、同国中部に位置するユトレヒト市(ユトレヒト州の州都)にある邸宅です。

世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸は、斬新なデザインの椅子で有名なオランダ人建築家ヘリット・トマス・リートフェルトが1924年に未亡人のトゥルス・シュレーテルのために設計した住宅です。

世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸は、デ・ステイル建築の代表作といわれ、赤・黄・青・白・灰・黒の線と面によって構成された造形は、まさに彼の斬新なデザインの椅子「レッド・アンド・ブルー・チェア」(1918年)を発展させたものと言われれています。

トゥルス・シュレーテル夫人は、1985年に亡くなるまで、この世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸で暮らしていました。 夫人が亡くなると世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸は修復され、博物館となりました。

【世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸の見どころ】

世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸は、博物館として現在一般公開されています。

スポンサーサイト
TOPオランダ海外旅行は世界遺産のリートフェルト設計のシュレーテル邸へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。