海外旅行は世界遺産のモン・サン・ミッシェルとその湾へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のモン・サン・ミッシェルとその湾へ行こう!

モン・サン・ミッシェルとその湾
Mont-Saint-Michel and its Bay

海外旅行は世界遺産モン・サン・ミッシェルとその湾に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のモン・サン・ミッシェルとその湾をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,3,6
登録年  1979年
拡張年  2007年

Mont Saint-Michel

世界遺産のモン・サン・ミッシェルとその湾は、フランス共和国北西部、ノルマンディー半島のつけ根モン・サン・ミッシェル湾とそこに浮かぶ小さな島にある修道院です。

モン・サン・ミッシェルは、「聖ミカエルの山」のを意味し、旧約聖書にその名が記される大天使・ミカエルのフランス語読みから来ています。

世界遺産のモン・サン・ミッシェルとその湾は、カトリックの巡礼地のひとつであり「西洋の驚異」と称されています。

世界遺産のモン・サン・ミッシェルとその湾の礼拝堂の建築は、709年司教オヴェールの夢に聖ミカエルが現われ、大天使を奉る聖堂建築を命じたことが始まりと言われています。

そして、世界遺産のモン・サン・ミッシェルとその湾にある修道院付属聖堂を中心にした建物建物は、10世紀に半ばから18世紀にかけて増改築が繰り返されてきました。

建物の主要部は、ゴシック様式で建てられていますが、内部は中世の様々な建築様式が混在しています。

モンサンミシェル湾は、干満の差が激しく、島は満ち潮の時には絶海の孤島になったり、引き潮の時には大陸と地続きになったりしていましたが、1877年に道路が作られ陸から島に渡れるようになりました。

しかし、年間250万人もの人が訪れる観光地でもある世界遺産モン・サン・ミッシェルとその湾は、急激な陸地化により、かつての景観が失われたとして、2009年には、岸との間の道路が取り壊され、新たな橋を架ける工事を行っています。

【世界遺産モン・サン・ミッシェルとその湾の見どころ】
現在は、世界遺産モン・サン・ミッシェルとその湾の修道院は、ベネディクト派の修道院として使用されていて、修道士の祈りを捧げる姿が今でも見られます。
スポンサーサイト
TOPフランス海外旅行は世界遺産のモン・サン・ミッシェルとその湾へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。