海外旅行は世界遺産のヴェルサイユ宮殿と庭園へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のヴェルサイユ宮殿と庭園へ行こう!

ヴェルサイユ宮殿と庭園
Palace and Park of Versailles


海外旅行は世界遺産ヴェルサイユ宮殿と庭園に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のヴェルサイユ宮殿と庭園をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,6
登録年  1979年

Touring the Palace and Park of Versailles

世界遺産のヴェルサイユ宮殿と庭園は、フランス共和国のパリの南西郊外、イル・ド・フランス地方のイヴリーヌ県に位置するバロック建築の代表作で、豪華な建物である宮殿と広大な美しい庭園です。

世界遺産のヴェルサイユ宮殿と庭園は、世界で絶大な権勢を誇り、「朕は国家なり」と豪語し、太陽王とも呼ばれたルイ14世が自らの宮殿として建造しました。

世界遺産のヴェルサイユ宮殿と庭園は、当時の傑出した芸術家たちを集結させて、築かせた宮殿であり、1661年に着工し、完成までに実に50年近くもの歳月を要しました。

世界遺産のヴェルサイユ宮殿と庭園では、宮殿よりも庭園の建設の方がより労力が大きかったと言われてます。

これは、①庭園に水を引くこと、②貴族を宮殿に移住させるため(貴族から脅かされないようにするため)、③民衆の庭園内への出入りを自由にするため(民衆の心を掴むため)を意図したものとされています。

その後、世界遺産のヴェルサイユ宮殿と庭園では、ルイ16世とその妃マリー・アントワネットによって改築、ナポレオン1世も調度品の収集などを行い、富と栄華の結晶ともいうべき宮殿となったのです。

世界遺産のヴェルサイユ宮殿と庭園は、各国で豪華な王室が建てられ、当時のヨーロッパに大きな影響を与えとされています。

【世界遺産ヴェルサイユ宮殿と庭園の見どころ】
儀式や外国の賓客を謁見するために使われた「鏡の間」は、ヴェルサイユ条約が調印された場所です。

フランス式庭園の傑作といわれたヴェルサイユの庭園は、幾何学模様が特徴的です。

Touring the Palace and Park of Versailles

スポンサーサイト
TOPフランス海外旅行は世界遺産のヴェルサイユ宮殿と庭園へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。