海外旅行は世界遺産のヴェゼール渓谷の先史時代遺跡群と装飾洞窟群へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のヴェゼール渓谷の先史時代遺跡群と装飾洞窟群へ行こう!

ヴェゼール渓谷の先史時代遺跡群と装飾洞窟群
Prehistoric Sites and Decorated Caves of the Vézère Valley


海外旅行は世界遺産ヴェゼール渓谷の先史時代遺跡群と装飾洞窟群に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のヴェズレーの教会と丘をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,3
登録年  1979年

UNESCO - Prehistoric Sites and Decorated Caves of the Vézère Valley

世界遺産のヴェゼール渓谷の先史時代遺跡群と装飾洞窟群は、フランス共和国、アキテーヌ地方の東北部、ドルドーニュ県の県都ペリグーの東南部のヴェゼール川沿いにある先史時代遺跡群です。

世界遺産のヴェゼール渓谷の先史時代遺跡群と装飾洞窟群には、鮮やかな洞窟壁画で有名なラスコー洞窟や、クロマニョン人の骨が発見されたクロ=マニョン岩陰遺跡、ネアンデルタール人が担ったムスティエ文化のムスティエ岩陰遺跡群が含まれます。

世界遺産のヴェゼール渓谷の先史時代遺跡群と装飾洞窟群のうち、とりわけラスコー洞窟の壁画は、民族学的、人類学的、美術的な視点から重要な遺跡とされています。

世界遺産のヴェゼール渓谷の先史時代遺跡群と装飾洞窟群のラスコー洞窟は、1940年に近くで遊んでいた子供によって発見され、洞窟の側面と天井面には、15,000年前の旧石器時代後期のクロマニョン人によって描かれた人間のほか、牛、馬、鹿などの動物の彩色画が100以上も残されていました。

世界遺産のヴェゼール渓谷の先史時代遺跡群と装飾洞窟群のラスコー洞窟は、発見後しばらくは一般公開されていましたが、壁画の外傷と損傷を防ぐため1963年から閉鎖され、一部の研究者を除くほかは、現在壁画は非公開となっています。

世界遺産のヴェゼール渓谷の先史時代遺跡群と装飾洞窟群には、147の集落跡と26の壁画が描かれた洞窟群からなる先史時代の遺跡、およそ10万点におよぶ石器や骨角器などありますが、実際の登録対象となったのは、洞窟壁画のある8つの遺跡群、洞窟壁画のない7つの遺跡群でした。

【世界遺産ヴェゼール渓谷の先史時代遺跡群と装飾洞窟群の見どころ】
現在は、世界遺産のヴェゼール渓谷の先史時代遺跡群と装飾洞窟群のラスコー洞窟のそばに複製洞窟「ラスコーII」が作られ、レプリカが一般に公開されています。

その他の洞窟では、ガイド付きで壁画を見られる場所もありますので、ぜひ世界遺産のヴェゼール渓谷の先史時代遺跡群と装飾洞窟群のツアーに参加してみて下さい。

スポンサーサイト
TOPフランス海外旅行は世界遺産のヴェゼール渓谷の先史時代遺跡群と装飾洞窟群へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。