海外旅行は世界遺産のフォンテーヌブロー宮殿と庭園へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のフォンテーヌブロー宮殿と庭園へ行こう!

フォンテーヌブロー宮殿と庭園
Palace and Park of Fontainebleau


海外旅行は世界遺産フォンテーヌブロー宮殿と庭園に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のフォンテーヌブロー宮殿と庭園をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,3
登録年  1981年

Fontainebleau - Francis I courtyard

世界遺産のフォンテーヌブロー宮殿と庭園は、フランス共和国、イル・ド・フランス地方、パリの南東57kmに広がる面積が170平方kmもあるフォンテーヌブローの森の中にある宮殿と庭園です。

世界遺産のフォンテーヌブロー宮殿と庭園は、元は狩猟場でしたが、16世紀がフランソワ1世がイタリアからルネッサンスの建築家を招いて建てたもので、以降、歴代王によって増改築が続けられたました。

その後、フランス革命で世界遺産のフォンテーヌブロー宮殿と庭園は、荒廃したものの、1804年に皇帝となったナポレオン1世により修復され、現在の姿となりました。

世界遺産のフォンテーヌブロー宮殿と庭園は、フランスで最も大きな宮殿です。

また、世界遺産のフォンテーヌブロー宮殿と庭園の室内装飾は、「フォンテーヌブロー様式」といわれ、彫刻、金工、絵画、漆喰装飾、木工を組み合わせ、屋外庭園には図案化した花壇のパルテアなどを取り入れたものです。

【世界遺産フォンテーヌブロー宮殿と庭園の見どころ】
世界遺産フォンテーヌブロー宮殿と庭園の内部では、歴代の王やナポレオンゆかりの家具・調度、装飾などが見られます。

退位したナポレオンがエルバ島に送られる前に、近衛兵と涙ながらに別れを惜しんだことから、「別れの中庭」とも呼ばれている宮殿の中庭も見ることが出来ます。

スポンサーサイト
TOPフランス海外旅行は世界遺産のフォンテーヌブロー宮殿と庭園へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。