海外旅行は世界遺産のアミアン大聖堂へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のアミアン大聖堂へ行こう!

アミアン大聖堂
Amiens Cathedral


海外旅行は世界遺産アミアン大聖堂に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のアミアン大聖堂をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2
登録年  1981年

2009_05_25 206 Amiens Cathedral

世界遺産のアミアン大聖堂は、フランス共和国の首都・パリから北へ約130kmのところにある、ピカルディー地方アミアンにあるカトリック教会の聖堂です。

世界遺産のアミアン大聖堂は、アミアン大司教の命により、建築家ロベール・ド・リュザルシュによって1220年に建築が開始し、68年の歳月を経て1288年に完成しました。

世界遺産のアミアン大聖堂は、フランス最大級のゴシック様式の大聖堂であり、「ゴシック建築の傑作」とも呼ばれています。

世界遺産のアミアン大聖堂の建物は広大で、幅70m、奥行145m、高さ42.5mで、建物内外には数々の彫刻が飾られています。

【世界遺産アミアン大聖堂の見どころ】
世界遺産アミアン大聖堂の西正面の扉口周辺を飾る「石の百科全書」と呼ばれる彫刻群は有名です。
彫刻群の中央には幼いイエスを胸に抱く聖母マリア像が配され、その周囲には「最後の審判」、「美しき神」という彫刻やレリーフなどがあります。

Amiens - Cathedral 01

世界遺産アミアン大聖堂内部には、見事なステンドグラスが施されれています。

Amiens Cathedral

また、世界遺産アミアン大聖堂では、夏の夜と新年にソン・エ・リュミエール(Son et lumière)とよばれる音と光のショーが行われます。
ライトアップされた、大聖堂と見事な彫刻は一見の価値があります。

スポンサーサイト
TOPフランス海外旅行は世界遺産のアミアン大聖堂へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。