海外旅行は世界遺産のオランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のオランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門へ行こう!

オランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門
Roman Theatre and its Surroundings and the "Triumphal Arch" of Orange


海外旅行は世界遺産オランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のオランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 3,4
登録年  1981年
拡張年  2007年

世界遺産のオランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門は、フランス共和国の南部プロヴァンス・アルプ・コートダジュール地方、アヴィニョンの北約20kmに位置するローマ劇場と北に築かれた凱旋門です。

世界遺産のオランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門のローマ劇場は、1世紀、アウグストゥスの治世下で建造され、「古代劇場」とも呼ばれ、半円形が特徴です。

世界遺産のオランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門のローマ劇場の規模は、舞台幅が長さ約100m、高さが約37mの壮大で、収容人数は、8,000人~10,000人程だったと推測され、4世紀には劇場は放棄されて廃墟となりましたが、中世には防衛拠点としても用いられました。

その後、世界遺産のオランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門のローマ劇場は修復され、1869年からは毎年夏に芸術祭が開催されています。

世界遺産のオランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門の凱旋門の方は、紀元前20年頃にオランジュへの北の入り口に建てられたもので、高さ22m、幅21m、奥行き8m、ガリア人とローマ人の戦闘や戦利品などの彫刻が施されています。

【世界遺産オランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門の見どころ】
世界遺産オランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門で毎年夏に催される芸術祭は、1902年に、ギリシャ語で「舞踏」などを意味する「コレジー (Chorégies d'Orange)」 に改称され、現在に引き継がれています。

スポンサーサイト
TOPフランス海外旅行は世界遺産のオランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。