海外旅行は世界遺産のサラン・レ・バンの大製塩所からアルケスナンの王立製塩所までの開放式平釜製塩へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のサラン・レ・バンの大製塩所からアルケスナンの王立製塩所までの開放式平釜製塩へ行こう!

サラン・レ・バンの大製塩所からアルケスナンの王立製塩所までの開放式平釜製塩
From the Great Saltworks of Salins-les-Bains to the Royal Saltworks of Arc-et-Senans, the production of open-pan salt


海外旅行は世界遺産サラン・レ・バンの大製塩所からアルケスナンの王立製塩所までの開放式平釜製塩に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のサラン・レ・バンの大製塩所からアルケスナンの王立製塩所までの開放式平釜製塩をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,4
登録年  1982年
拡張年 2009年

From the Great Saltworks of Salins-les-Bains to the Royal Saltworks of Arc-et-Senans, the Production of Open-pan Salt

世界遺産のサラン・レ・バンの大製塩所からアルケスナンの王立製塩所までの開放式平釜製塩は、フランス共和国東部、ドゥー県の都市ブザンソン近郊の町、アルケスナンにある旧製塩所です。

世界遺産のサラン・レ・バンの大製塩所からアルケスナンの王立製塩所までの開放式平釜製塩は、1773年にルイ16世の王室建築家に任命されたフランスの建築家クロード・ニコラ・ルドゥによって設計されました。

世界遺産のサラン・レ・バンの大製塩所からアルケスナンの王立製塩所までの開放式平釜製塩では、町を円形の理想都市として設計されましたが、工場経営の悪化から都市計画は途中で中断されました。

そして、世界遺産のサラン・レ・バンの大製塩所からアルケスナンの王立製塩所までの開放式平釜製塩では、製塩所が1895年に操業を停止しました。

世界遺産のサラン・レ・バンの大製塩所からアルケスナンの王立製塩所までの開放式平釜製塩は、1982年に「アルケスナンの王立製塩所」(Royal Saltworks of Arc-et-Senans)で登録され、2009年に「サラン・レ・バンの大製塩所」を加えて、現在の名で拡大登録されています。

世界遺産のサラン・レ・バンの大製塩所からアルケスナンの王立製塩所までの開放式平釜製塩の都市計画は、未完で終わっていますが、その計画は20世紀でも通用する画期的なものと評価されています。

【世界遺産サラン・レ・バンの大製塩所からアルケスナンの王立製塩所までの開放式平釜製塩の見どころ】

世界遺産サラン・レ・バンの大製塩所からアルケスナンの王立製塩所までの開放式平釜製塩は、1918年には落雷が原因で所長宅と礼拝堂が火事に見舞われましたが、現在は資料館になり、ルドゥが計画した理想的な産業都市づくりを模型で見ることが出来ます。

また、旧製塩工場群の展示館では、当時の面影を見ることが出来ます。

スポンサーサイト
TOPフランス海外旅行は世界遺産のサラン・レ・バンの大製塩所からアルケスナンの王立製塩所までの開放式平釜製塩へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。