海外旅行は世界遺産のストラスブールのグラン・ディルへ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のストラスブールのグラン・ディルへ行こう!

ストラスブールのグラン・ディル
Strasbourg – Grande île


海外旅行は世界遺産ストラスブールのグラン・ディルに行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のストラスブールのグラン・ディルをご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,4
登録年  1988年

"Petite France" in Strasbourg

世界遺産のストラスブールのグラン・ディルは、フランス共和国アルザス地方の中心都市で、ドイツとの国境に近いライン川の支流イル川沿いに位置し、古代ローマ軍の駐屯地を起源とする旧市街です。

世界遺産のストラスブールのグラン・ディルは、ストラスブールの一区画ですが、「街道の町」を意味するストラスブールは、中世からヨーロッパの交易の要所とし栄えました。

また、世界遺産のストラスブールのグラン・ディルの街は、中世以来、フランスとドイツとの間で領土の所有がいくどとなく移ったりしましたが、それが却って、世界遺産のストラスブールのグラン・ディルの街で独自の文化が生まれることとなったと言えます。

世界遺産のストラスブールのグラン・ディルには、ゴシック調やルネサンス調の建築物が多数残されています。

【世界遺産ストラスブールのグラン・ディルの見どころ】

ノートルダム大聖堂
世界遺産ストラスブールのグラン・ディルにあるノートルダム大聖堂は、砂岩の外壁を特徴とする高さ142メートルの大聖堂で、堂内の「天使の柱」や西正面のバラ窓に見られる見事な彫刻は有名です。
また、ノートルダム大聖堂の「からくり時計」も人気があります。

サン・トーマ教会堂
世界遺産ストラスブールのグラン・ディルにあるサン・トーマ教会堂は、宗教改革の中心となり、モーツァルトが演奏会を開いた教会堂です。

ロアン宮
世界遺産ストラスブールのグラン・ディルにあるロアン宮は、18世紀に建てられたロアン家の宮殿です。
現在は、宮殿内部には、考古学博物館、美術館、陶器などを集めた装飾美術館の3つのミュージアムがあります。

ストラスブールは、モミの木を卵やローソクで飾り付けるクリスマスツリーの発祥の地と言われています。
グラン・ディルにあるブログリー広場もクリスマスの時期は、きらびやかな飾り付けやイベントがあり、家族連れやカップルに人気があるスポットです。

スポンサーサイト
TOPフランス海外旅行は世界遺産のストラスブールのグラン・ディルへ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。