海外旅行は世界遺産のパリのセーヌ河岸へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のパリのセーヌ河岸へ行こう!

パリのセーヌ河岸
Paris, Banks of the Seine


海外旅行は世界遺産パリのセーヌ河岸に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のパリのセーヌ河岸をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,4
登録年  1991年

Paris, South Bank of Seine

世界遺産のパリのセーヌ河岸は、フランス共和国、首都パリ市内を流れるセーヌ川にかかるシュリ橋からイエナ橋まで、約5kmの河岸に点在する建造物群です。

世界遺産のパリのセーヌ河岸は、3世紀に紀元前3世紀にシテ島にケルト系のパリシィ族が住み着いたのが始まりで、この島を中心に周辺部へと発展しました。

世界遺産のパリのセーヌ河岸の登録対象は、右岸にあるマレ地区、パリ市庁舎、ルーブル宮殿、チェイルリー公園、コンコルド広場、グラン・バレ、プティ・バレ、シャイヨー宮、左岸にあるオルセー美術館、ブルボン宮殿、アンヴァリッド、シャン・ド・マルス公園、エッフェル塔です。
また、世界遺産のパリのセーヌ河岸は、シテ島にあるノートルダム大聖堂、パレ・ド・ジャスティス、サン・ルイ島のサン=ルイ=アン=リル教会などが対象となっています。

この他、 パリのセーヌ川にかかる橋のなかで現存している最古のボンヌフ、パリの橋の中でも最も美しいとされるクサンドル3世橋がクサンドル3世橋が、世界遺産のパリのセーヌ河岸に含まれます。

【世界遺産パリのセーヌ河岸の見どころ】
世界遺産パリのセーヌ河岸右岸のルーブル宮殿は、いわずと知れたルーブル美術館です。
また、コンコルド広場は、ルイ16世やマリー・アントワネットの処刑が行われた広場です。

世界遺産パリのセーヌ河岸左岸のフランス革命100周年を記念して建てられたエッフェル塔も、もはや言うまでもない程有名です。
オルセー美術館には、印象派の画家の作品が数多く収蔵されていることで知られています。

Paris, banks of the Seine

シテ島にあるノートルダム大聖堂は、中世ゴシック建築の傑作と言われていま。
また、サント・シャペルでは、パリ最古の美しいステンドグラスが見られます。

スポンサーサイト
TOPフランス海外旅行は世界遺産のパリのセーヌ河岸へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。