海外旅行はアヴィニョンの歴史地区:教皇庁宮殿、司教建造物群、アヴィニョン橋へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行はアヴィニョンの歴史地区:教皇庁宮殿、司教建造物群、アヴィニョン橋へ行こう!

アヴィニョンの歴史地区:教皇庁宮殿、司教建造物群、アヴィニョン橋
Historic Centre of Avignon: Papal Palace, Episcopal Ensemble and Avignon Bridge


海外旅行は世界遺産アヴィニョンの歴史地区:教皇庁宮殿、司教建造物群、アヴィニョン橋に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のアヴィニョンの歴史地区:教皇庁宮殿、司教建造物群、アヴィニョン橋をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,4
登録年  1995年

France: Avignon

世界遺産のアヴィニョンの歴史地区:教皇庁宮殿、司教建造物群、アヴィニョン橋は、フランス共和国南部プロヴァンス・アルプ・コートダジュール地方ヴォークリューズ県にある建造物群です。

世界遺産のアヴィニョンの歴史地区:教皇庁宮殿、司教建造物群、アヴィニョン橋の登録対象は、教皇宮殿、プチ・パレ、ロシェ・デ・ドン、ノートルダム・デ・ドン大聖堂、城壁などです。

世界遺産のアヴィニョンの歴史地区:教皇庁宮殿、司教建造物群、アヴィニョン橋の教皇宮殿は、ローマ教皇庁がアヴィニョンに移された、「アヴィニョン捕囚」と呼ばれる14世紀に建てられました。

世界遺産のアヴィニョンの歴史地区:教皇庁宮殿、司教建造物群、アヴィニョン橋は、この時期に建てられた城壁によって囲まれています。

【世界遺産アヴィニョンの歴史地区:教皇庁宮殿、司教建造物群、アヴィニョン橋の見どころ】
教皇宮殿は、高さ50mの塔を4基持ち、現存するヨーロッパの中世ゴシック様式建築物のなかでは最大級を誇る重要なものと言われています。

プチ・パレは14世紀に建てられた司教館で、現在は美術館となっており、ボッティチェリ作『聖母子』、クリヴェッリ作『四聖人』などが所蔵されています。

世界遺産アヴィニョンの歴史地区:教皇庁宮殿、司教建造物群、アヴィニョン橋のノートルダム・デ・ドン大聖堂は、ロシェ・デ・ドンと教皇宮殿の間に位置する大聖堂で、12世紀半ばに建造されたロマネスク様式の教会堂です。
内部は17世紀にバロック様式に改築されています。

サン・ベゼネ橋は、童謡「アヴィニョンの橋」の名で知られる有名な橋です。

スポンサーサイト
TOPフランス海外旅行はアヴィニョンの歴史地区:教皇庁宮殿、司教建造物群、アヴィニョン橋へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。