海外旅行は世界遺産のミディ運河へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のミディ運河へ行こう!

ミディ運河
Canal du Midi


海外旅行は世界遺産ミディ運河に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のミディ運河をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,4,6
登録年  1996年

canal du midi 01

世界遺産のミディ運河は、フランス共和国南部ミディ・ピレネーとラングドック・ルーションの2地方、オート・ガロンヌ、オード、エローの3県にまたがり、トゥールーズから地中海に面したトー湖まで、全長240kmにも及ぶ運河です。

世界遺産のミディ運河は、支流まで含めると360kmまで及び、登録範囲は他に4本の支流と運河沿いの景観も含んでいます。

世界遺産のミディ運河は、徴税使ピエール・ポール・リケの発案で、ルイ14世により承認され、国家プロジェクトとして1667年に建設が開始され、1694年に完成し、19世紀にミディ鉄道が開通するまで、大西洋と地中海との間を船舶で結ぶ交通路としての役目を担っていました。

世界遺産のミディ運河は、当時の土木技術の最先端を駆使したもので、陵地帯に築かれた巨大なダム、川の上を通る運河橋、手掘りのトンネル、中でも水門の開け閉めによって高低差を乗り越える閘門は80以上あり、見ごたえがあります。

世界遺産のミディ運河の開通によって、運河沿いの産業が栄え、とりわけボルドー、サンテミリオン、ラングドック地方のワインは飛躍的に生産量を伸ばしました。

【世界遺産ミディ運河の見どころ】

現在、世界遺産ミディ運河では、航路としての役割は終了していますが、運河クルーズなどが人気の観光スポットとなっています。

運河の両側につけられた道には、日差しを遮るために45,000本ものプラタナスや糸杉が植えられており、心地よい水辺の散歩道となっています。

また、閘門の中でもフォンセランヌの7段ロックと呼ばれるものは、この運河で最大の見どころです。

スポンサーサイト
TOPフランス海外旅行は世界遺産のミディ運河へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。