海外旅行は世界遺産のフランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のフランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路へ行こう!

フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
Routes of Santiago de Compostela in France


海外旅行は世界遺産フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のフランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4,6
登録年  1998年

France: Pilgrim Road

世界遺産のフランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路は、フランス共和国の4都市を基点とし、それが2つになってピレネー山脈を越えてスペインのプエンテ・ラ・レイナで合流し、サンティアゴ・デ・コンポステーラへと続く巡礼路です。

世界遺産のフランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路には、巡礼路の途上にある主要な歴史的建造物群も含まれ、建造物群の一部には他の世界遺産の物件と重複するものもあります。

サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼はエルサレム、ローマと並び、「キリスト教の世界三大巡礼地」の一つに挙げられています。
サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼が始まったのは、9世紀に十二使徒の一人、聖ヤコブの遺骸が発見され、その地に大聖堂が建てられてからです。

フランスとスペインは、国境を接していたため、他のヨーロッパの国々からの巡礼者たちが通る行程にあり、中でも世界遺産のフランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路にはキリスト教に関係する聖堂が多くあったことから巡礼者が多く集まるようになりました。

世界遺産のフランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの4つの巡礼路は以下の通りです。

・トゥールの道
・リモージュの道(ヴェズレーの道、サン・レオナールの道)
・ル・ピュイの道
・トゥールーズの道(サン・ジルの道)

世界遺産のフランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの4つの巡礼路のうち、トゥールの道、リモージュの道、ル・ピュイの道の3つは、オスタバ・アスムで合流し、サン・ジャン・ピエ・ド・ポルを通ってピレネー山脈のイバニェタ峠に向かいます。
トゥルーズの道は、オロロン=サント=マリー(オロロン)からソンポルト峠に向かいます。

【世界遺産フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の見どころ】

聖地へは、今でも世界遺産フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を利用して、今も年間かなりの人がピレネー山脈を越えるといわれています。

世界遺産フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を全て歩くと、早い人でも一ヶ月はかかると言われています。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの聖地に到着すると、「コンポステーラ」と呼ばれる証明書が無料で貰えますが、これには、徒歩で100km以上、自転車で200km以上という条件がつけられています。

また、巡礼手帳をもっていれば、一夜の宿を与える救護施設に格安で泊まることが出来ます。
巡礼手帳は救護施設や観光案内所、教区教会で3ユーロ程度入手することが出来ます。

スポンサーサイト
TOPフランス海外旅行は世界遺産のフランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。