海外旅行は世界遺産のサン・テミリオンの管轄区域へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のサン・テミリオンの管轄区域へ行こう!

サン・テミリオンの管轄区域
Jurisdiction of Saint-Emilion


海外旅行は世界遺産サン・テミリオンの管轄区域に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のサン・テミリオンの管轄区域をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 3,4
登録年  1999年

Saint-Emilion at 1 pm

世界遺産のサン・テミリオンの管轄区域は、フランス共和国、ボルドー地方の東部、ドルドーニュ川右岸のなだらかな丘陵地帯に広がる町で、つの自治体(コミューン)からなっています。

世界遺産のサン・テミリオンの管轄区域は、ワインの生産地として知られています。
ワインの製造が始まったのは、古代ローマ帝国の属州だった頃といわれていますが、12世紀半ば、サン・テミリオンを含むアキテーヌ公国がイングランド王領となり、この地方の中心都市であったボルドーにワインの輸出特権が与えられたから本格的に行われるようになりました。

サン・テミリオンは、ボルドーワインの公的格付けがなされているため、世界遺産のサン・テミリオンの管轄区域では、ブドウ畑も登録の対象となっています。

尚、ワイン産地が世界遺産に登録されたのは、世界遺産のサン・テミリオンの管轄区域がはじめてです。

【世界遺産サン・テミリオンの管轄区域の見どころ】

世界遺産のサン・テミリオンの管轄区域は、シャトー・オゾーヌ、それにシャトー・シュヴァル・ブラン、シャトー・ボーセジュール・ベコなど特一級といわれる13のシャトーがあることでも知られています。
スポンサーサイト
TOPフランス海外旅行は世界遺産のサン・テミリオンの管轄区域へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。