海外旅行は世界遺産のベルギーとフランスの鐘楼群へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のベルギーとフランスの鐘楼群へ行こう!

ベルギーとフランスの鐘楼群
Belfries of Belgium and France


海外旅行は世界遺産ベルギーとフランスの鐘楼群に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のベルギーとフランスの鐘楼群をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  1999年
拡張年  2005年

The leaning tower of Lille... ;)

世界遺産のベルギーとフランスの鐘楼群は、ベルギー王国とフランス共和国の両国にまたがって分布する56の鐘楼です。

世界遺産のベルギーとフランスの鐘楼群は、1999年に「フランドル地方とワロン地方の鐘楼群(Belfries of Flanders and Wallonia)」として、最初、ベルギーの32の鐘楼が登録されましたが、2005年にフランス北部の23の鐘楼群とベルギーのガンブルーの鐘楼が追加登録されました。

世界遺産のベルギーとフランスの鐘楼群は、11世紀から17世紀にかけて建てられ、市民の自由の象徴、または繁栄の証とされています。

中世のベルギーやフランス北部諸都市は、ヨーロッパの交易の中継地として栄え、13世紀から15世紀には多くの都市が自治権を持つようになりました。

この時期の世界遺産のベルギーとフランスの鐘楼群は、まさに「自由と繁栄の証」を象徴する建造物だったいえます。

16世紀以降の世界遺産のベルギーとフランスの鐘楼群は、「自由と繁栄の証」の象徴からモニュメント的な意味合いを持つ建造物へと趣が変わっていきます。

【世界遺産ベルギーとフランスの鐘楼群の見どころ】

現在、世界遺産ベルギーとフランスの鐘楼群の56あり、それぞれが異なった音色のカリヨンを持っています。

尚、カリヨンの語源ラテン語で、「四つ一組」を意味し、市民に時を告げるため4個の鐘を塔の上から鳴らしたことが始まりといわれています。

カリヨンの町として知られるメッヘレンの鐘楼には、最大規模の78個もの鐘を組み合わせたカリヨンがあります。

スポンサーサイト
TOPベルギー海外旅行は世界遺産のベルギーとフランスの鐘楼群へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。