海外旅行は世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷へ行こう!

シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷
The Loire Valley between Sully-sur-Loire and Chalonnes


海外旅行は世界遺産シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,4
登録年  2000年

France - The Loire Valley between Sully-sur-Loire and Chalonnes

世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷は、フランス共和国中央部、首都パリの南約120kmのサントル地方とペイ・ド・ラ・ロワール地方にある渓谷です。

世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷流域には、ブロア、シノン、オルレアン、ソミュール、トゥールなどの歴史都市が点在し、フランス中央部に流れるロワール川の流域には、王侯貴族によって建てられた数多くの城や庭園があることから「フランスの庭」と呼ばれていました。

15世紀から16世紀にかけてイタリアから伝来したルネサンス芸術繁栄の中心地域であった世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷流域では、ルネサンス期の建築様式がふんだんに取りいれられた多彩な美しい城館を見ることが出来ます。

世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷で見られる城は、城砦ではなく、いわゆる、居城(シャトー)として建設されることが多かったようです。

また、世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷は、かつて宮廷が多くおかれ、世界で最も美しいと言語とされるフランス語が発達したのもこの地であると考えられていることから、「フランス語の揺籃地」とも呼ばれています。

尚、世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷の登録は2000年ですが、1891年に単独登録されていた「シャンボールの城と領地(Chateau and Estate of Chambord)」は、この物件の一部と見なされ統合されることとなりました。

【世界遺産シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷の見どころ】
シャンボール城・・・フランソワ1世がレオナルド・ダ・ヴィンチの設計案を採用して造った城で、世界遺産シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷最大です。

・アンボワーズ城・・・1492年に、シャルル8世の命令で既存の要塞を改築した城で、フランスで初めて、イタリア式のレイアウトが採用され、「ルネサンス期の傑作」とも言われています。

ブロワ城・・・多様な建築様式が入り混じり、まるで宮廷博物館のような城で、ギーズ公アンリが殺害された1588年の三部会の舞台でもありました。

シュノンソー城・・・アンリ2世が愛妾のために尽造らせたといわれている城です。

スポンサーサイト
TOPフランス海外旅行は世界遺産のシュリー・シュル・ロワールとシャロンヌの間のロワール渓谷へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。