海外旅行は世界遺産のル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市へ行こう!

ル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市
Le Havre, the City Rebuilt by Auguste Perret


海外旅行は世界遺産ル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  2005年

LE HAVRE - Blocks of Flats

世界遺産のル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市は、フランス共和国北西部、セーヌ川河口の大西洋に臨むノルマンディ地方の港湾都市です。

世界遺産のル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市は、第二次世界大戦中の1944年のノルマンディ上陸作戦によって、攻撃の対象にさらされ、死者5,000人、家屋の破壊12,500戸、家を失った者80,000人の甚大な被害を受けました。

これによって、世界遺産のル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市では、その大半が破壊されてしまいました。

その被害は、ヨーロッパの中でも最も甚大な被害を受けた都市のひとつとされてた程です。

1945年に、都市再建省が都市の再建を建築家のオーギュスト・ペレに委託しました。

オーギュスト・ペレは、再建にあたって、コンクリート資材を用いたプレハブ工法などの、新しい建築方法を採用しました。

そして、世界遺産のル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市は、20年をかけて、見事再建を果たし、生まれ変わったのです。

世界遺産のル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市は、20世紀の近代都市のパイオニアと言われています。

ペレの都市再建計画は前例にないものといわれ、当時は戦後の古い町並みを復旧した地域が多かった中、ペレは全く新し技法を用い、別のものに生まれ変わらせにも関わらず、損壊を逃れた建築物とうまく調和させたものとしました。

【世界遺産ル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市の見どころ】
オーギュスト・ペレの作品
・サン・ジョゼフ教会(église Saint-Joseph)・・・ペレが最後に手がけた建築です。 ・サン・ロシュ・スクウェア (Square St.-Roch)・・・再建地区と、残存した地区をつないでいる素晴らしい庭園です。
・サン・ミシェル教会 ・市庁舎
・カジノ
・ラウル=デュフィ中学校 (Collège Raoul-Dufy)
・プランタン百貨店 (Grand magasin du Printemps)
・アンドレ・マルロー美術館 (Musée des Beaux-Arts André Malraux)
・図書館

この他、まだまだありますが、世界遺産ル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市は、現代の景観が登録された珍しい例であるといえます。

スポンサーサイト
TOPフランス海外旅行は世界遺産のル・アーヴル、オーギュスト・ペレによって再建された都市へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。