海外旅行は世界遺産のフランドル地方のベギン会修道院へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のフランドル地方のベギン会修道院へ行こう!

フランドル地方のベギン会修道院
Flemish Béguinages


海外旅行は世界遺産フランドル地方のベギン会修道院に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のフランドル地方のベギン会修道院をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,3,4
登録年  1998年

Béguinage of Bruges

世界遺産のフランドル地方のベギン会修道院は、ベルギー王国西部に位置する修道院群です。

世界遺産のフランドル地方のベギン会修道院は、12世紀にペギン会によってはじまった女子のみの修道院です。

当時の中世ヨーロッパでは、女性は結婚するか修道女となるか、いずれかの方法でしか生きていく方法はありませんでした。

そこで、世界遺産のフランドル地方のベギン会修道院では、ペギン会の女性たちが、完全な修道女としてではなく、俗世と関わりを持ちながら、自立した共同体として、質素で敬虔な生活を送るという新しいライフスタイルを築き上げました。

しかし、20世紀に入ると、女性の社会進出に伴って、ペギン会は徐々に衰退していくこととなります。

現在、世界遺産のフランドル地方のベギン会修道院は、リールやコルトレイク、ディースト、ブリュージュ、ゲント、ルーベン、メッヘレンなどに、13の修道院の建物が残されています。

【世界遺産フランドル地方のベギン会修道院の見どころ】
現在ある13の世界遺産のフランドル地方のベギン会修道院のうち、とりわけ美しいとされるのが、1245年にフランドル伯爵夫人により創設された、ブルージュのベギン会修道院です。

また、世界遺産フランドル地方のベギン会修道院は、オードリーヘップバーンの「尼僧物語」のロケ地に使われたこともあることで知られています。

スポンサーサイト
TOPベルギー海外旅行は世界遺産のフランドル地方のベギン会修道院へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。