海外旅行は世界遺産の中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー(エノー)へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産の中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー(エノー)へ行こう!

中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー(エノー)
The Four Lifts on the Canal du Centre and their Environs, La Louviere and Le Roeulx (Hainault)


海外旅行は世界遺産中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー(エノー)に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産の中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー(エノー)をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 3,4
登録年  1998年

Hydraulic Elevator

世界遺産の中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー(エノー)は、ベルギー王国、エノー州の州都モンスの東十数kmのところにある水力式の船舶昇降機(ボートリフト)です。

世界遺産の中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー(エノー)は、ムーズ川とエスコー川のドックを連絡して、ドイツからフランスへの通行を実現するために、1888~1917年に建設されました。

世界遺産の中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー(エノー)の完成によって、 7kmの水位に、67mもあった高低差が解消したのです。

世界遺産の中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー(エノー)は、19世紀のヨーロッパの運河建設・水工学発達のひとつの頂点を示す傑出した建造物であり、現在も稼働し続けています。

世界遺産の中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー(エノー)には、年間4万人もの観光客が訪れています。

【世界遺産中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー(エノー)の見どころ】
世界遺産中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー(エノー)では、 閘門施設が稼動可能な状態で、ボートに乗船して見学する事が出来ます。

尚、ボート見学には予約が必要となります。

スポンサーサイト
TOPベルギー海外旅行は世界遺産の中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー(エノー)へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。