海外旅行は世界遺産のブリュージュ歴史地区へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のブリュージュ歴史地区へ行こう!

ブリュージュ歴史地区
Historic Centre of Brugge


海外旅行は世界遺産ブリュージュ歴史地区に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のブリュージュ歴史地区をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4,6
登録年  2000年

Historic Center of Brugge

世界遺産のブリュージュ歴史地区は、ベルギー王国で13世紀に西ヨーロッパ随一の貿易港となり水路交通による商業都市として繁栄した西フランダース州の州都です。

世界遺産のブリュージュ歴史地区は、13世紀から14世紀にかけて毛織物工業で栄えましたが、15世紀後半、北海と結ぶ水路が泥で埋まり、船の運行が不可能になると交易は衰退してしていきました。

そのせいか、世界遺産のブリュージュ歴史地区には、産業革命の影響も受けず、中世以来の街並みが多く残されています。

ブリュージュは、オランダ語で「ブルッヘ(橋)」という名のとおり、世界遺産のブリュージュ歴史地区には、50以上の橋が運河にかかり、赤レンガの家屋が並ぶ美しい町並みは、「北の小ベニス」とも呼ばれています。

世界遺産のブリュージュ歴史地区の街並みの中には、122mの尖塔を抱える聖母大聖堂が含まれており、中世以来ヨーロッパで高い建築物であるとされ、また、市街の外れには風車と中世以来の城門も見られます。

また、世界遺産のブリュージュ歴史地区は、芸術においても優れていて、ヤン・ヴァン・エイクやハンス・メムリンクなどのフランドル派の絵画の巨匠も輩出しました。

尚、世界遺産のブリュージュ歴史地区登録範囲には、ベルギーの他の2つの世界遺産「フランドル地方のベギン会院」と「ベルギーとフランスの鐘楼群」に登録されている物件も含まれています。

【世界遺産ブリュージュ歴史地区の見どころ】
世界遺産ブリュージュ歴史地区で目につくのは、美術館に博物館、そして教会です。

運河が張り巡らされ、赤煉瓦の家屋の並ぶ美しい町並みのリュージュは、「屋根のない美術館」とも呼ばれています。

ベルギーはチョコレートで有名ですが、世界遺産ブリュージュ歴史地区でも、あちこちで、チョコレート屋さんを見かけます。

スポンサーサイト
TOPベルギー海外旅行は世界遺産のブリュージュ歴史地区へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。