海外旅行は世界遺産の建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群(ブリュッセル)へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産の建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群(ブリュッセル)へ行こう!

建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群(ブリュッセル)
Major Town Houses of the Architect Victor Horta (Brussels)


海外旅行は世界遺産建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群(ブリュッセル)に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産の建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群(ブリュッセル)をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,4
登録年  2000年

Horta Museum, Major Town Houses of the Architect Victor Horta

世界遺産の建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群(ブリュッセル)は、ベルギー王国、首都ブリュッセル市内に散在する4つのアールヌーボー建築による邸宅です。

建築家ヴィクトール・オルタは、19世紀末から20世紀初頭ににかけて、アール・ヌーヴォーと建築を見事に融合させた人物で、当時ブリュッセルで活動したアール・ヌーヴォー建築家たちの中心的な存在でした。

建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群(ブリュッセル)は、ヨーロッパ初のアール・ヌーヴォー建築です。

当時、ベブリュッセルの住宅では、部屋に光が入らない造りになっていましたが、ヴィクトール・オルタは、ガラスを効果的に使用することで、部屋に光が入るように工夫しました。

建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群(ブリュッセルでは、材質には鉄、ガラスなどを好んで用いられ、曲線を多く用いるデザインによって、美しい内部空間が作り出されています。

【世界遺産建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群(ブリュッセル)の見どころ】
タッセル邸・・・1893年から1894年に建築されたブリュッセル自由大学のタッセル教授の邸宅です。アール・ヌーヴォーと建築の最初の成功とされています。

ソルヴェー邸・・・1895年から1903年にかけて建築された邸宅で、ヴィクトール・オルタがその創造力を余すことなく発揮したとされています。

ヴァン・エドヴェルド邸・・・1897年から1901年に建築された邸宅す。

オルタ邸・・・1898年から1901年に建築された、アトリエと住宅を兼ねたオルタ自身の邸宅です。現在は、美術館として、一般に公開されています。

尚、世界遺産建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群(ブリュッセル)登録対象の上気4つの邸宅のうち、オルタ低以外は、私邸なので一般には、公開されていません。

スポンサーサイト
TOPベルギー海外旅行は世界遺産の建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群(ブリュッセル)へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。