海外旅行は世界遺産のスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)へ行こう!

スピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)
Neolithic Flint Mines at Spiennes (Mons)


海外旅行は世界遺産スピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,3,4
登録年  2000年

BE - Neolithic Flint Mines at Spiennes

世界遺産のスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)は、ベルギー王国、ワロン地方のエノー州の州都モンスににある石灰岩地帯です。

世界遺産のスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)は、約1㎢の新石器時代の鉱山発掘地で、古代採石場ではヨーロッパで最大規模を誇る最古の遺跡です。

世界遺産のスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)での採掘は、紀元前4000年から始まり、紀元前750年ごろまで続けられたとされています。

世界遺産のスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)が発見されたのは、19世紀になってからで、鉄道敷設中に最初の痕跡が見つかりました。

この最初の発見は、ベルギーにおいては、もちろんが、ヨーロッパにおいても最初の発見だったとされています。

世界遺産のスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)は、火打石用の鉱石を掘るためのものであったと考えられていて、内部には坑道や立抗などが残されていました。

また、世界遺産のスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)の周囲では村落も発見されています。

【世界遺産スピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)の見どころ】
世界遺産のスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)には、14世紀~16世紀に建てられた美しい教会が多く残されています。

また、オランダの画家で有名なゴッホが牧師から画家への転職を決めたとされる家が、モンスから約3kmにあるキューム村にあります。

スポンサーサイト
TOPベルギー海外旅行は世界遺産のスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。