海外旅行は世界遺産のプランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のプランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体へ行こう!

プランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体
Plantin-Moretus House-Workshops-Museum Complex


海外旅行は世界遺産プランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のプランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,3,4,6
登録年  2005年

UN31 Belgium Plantin-Moretus House-Workshops-Museum Complex

世界遺産のプランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体は、ベルギー王国、フランドル地方アントワープにある印刷出版業の記念建造物です。

世界遺産のプランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体は、単独の博物館としては初めて世界遺産登録された博物館です。

世界遺産のプランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体は、16世紀アントウェルペンを主たる拠点として大規模に印刷・出版事業を手がけていたクリストフ・プランタンの工房、「オフィキナ・プランティニアナ」 (Officina Plantiniana) を起源としています。

当時のアントウェルペンは、ヴェネツィア、パリ、リヨンなどとともに出版業の一大拠点となっていて、クリストフ・プランタン多言語訳聖書などの書籍を出版するなど、ヒューマニズムの進展に寄与しました。

世界遺産のプランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体では、プランタンの死後も彼の子孫たちが工房を引継ぎ、1867年まで出版事業を継続していました。

世界遺産のプランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体は、1876年に工房および印刷設備一式がアントウェルペン市当局に売却され、翌年、工房・住居部分とも、博物館として公開され始めました。

【世界遺産プランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体の見どころ】
世界遺産プランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体には、現存するものとしては世界最古の印刷機2台や同じ時期の印刷用活字一式など、プランタンが活動していた16世紀当時の印刷技術を伝える品物のほか、印刷事業に関わる設備の数々が残されています。

また、当時の会計記録や知識人たちとの往復書簡といった貴重な古文書類「オフィキナ・プランティニアナの事業文書」 は2001年にユネスコの「世界の記憶」に登録されています。

世界遺産プランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体があるアントウェルペン(アントワープ)の町は、「フランダースの犬」でネロ少年が夢みた、巨匠ルーベンスの名高い「キリストの降架」と「キリスト昇架」を収蔵した「聖母大聖堂」があることでも知られています。

スポンサーサイト
TOPベルギー海外旅行は世界遺産のプランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。