海外旅行は世界遺産のゼメリング鉄道へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のゼメリング鉄道へ行こう!

ゼメリング鉄道
Semmering Railway


海外旅行は世界遺産ゼメリング鉄道に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のゼメリング鉄道をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  1998年

Semmeringbahn Weltkulturerbe

世界遺産のゼメリング鉄道は、オーストリア共和国、首都・ウィーンの南西にあるゼメリング峠を通る、世界初の山岳鉄道です。

世界遺産のゼメリング鉄道は、全長約42kmで、グロッグニッツ駅からゼメリング駅を経由してミュルツツーシュラーク駅に至ります。

世界遺産のゼメリング鉄道の建設は1848年から始められ、1854年に完成ししましたが、重機やダイナマイトもなかった時代に、わずか6年という建設期間は異例の早さだとされています。

世界遺産のゼメリング鉄道の高低差は460メートルになりますが、設計者カール・リッター・フォン・ゲーガ (Carl Ritter von Ghega) は、機関車の構造に最新の技術を用いることで、急勾配やカーブを克服したのです。

世界遺産のゼメリング鉄道は、ウィーンとオーストリア南部の都市を結び、さらにはイタリアのベネチア、スロベニアの首都リュブリャナ、クロアチアの首都ザグレブに至る鉄道路を形成していることから、今日においてもオーストリアの重要な幹線の一つになっています。

【世界遺産ゼメリング鉄道の見どころ】

世界遺産のゼメリング鉄道の軌道上には、14のトンネル、16の高架橋、100を超える石橋に11の鉄橋があります。
これらの高架橋の一部は二層構造になっていて、この路線の大きな見どころとなっています。

世界遺産ゼメリング鉄道では、その登録に際し、自然との調和が重要なポイントとなったように、山岳鉄道ならではの美しい車窓を楽しみ、途中下車をしてハイキングを楽しんだりと、のんびりと自然を満喫することが出来ます。
スポンサーサイト
TOPオーストリア海外旅行は世界遺産のゼメリング鉄道へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。