海外旅行は世界遺産のグラーツ市街 - 歴史地区とエッゲンベルク城へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のグラーツ市街 - 歴史地区とエッゲンベルク城へ行こう!

グラーツ市街 - 歴史地区とエッゲンベルク城
City of Graz – Historic Centre and Schloss Eggenberg


海外旅行は世界遺産グラーツ市街 - 歴史地区とエッゲンベルク城に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のグラーツ市街 - 歴史地区とエッゲンベルク城をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  1999年
拡張年  2010年


UNESCO - City of Graz – Historic Centre and Schloss Eggenberg

世界遺産のグラーツ市街 - 歴史地区とエッゲンベルク城は、オーストリア共和国、シュタイアーマルク州の州都グラーツ市の旧市街と城館です。

グラーツ市は、オーストリアの人口第2 の都市で、この町の起源は、神聖ローマ帝国の時代に設けられた砦で、町の名前はスラブ語の「小さな砦」を意味する「グラデツ」に由来しています。

世界遺産のグラーツ市街 - 歴史地区とエッゲンベルク城は、1999年に街の中心部が「グラーツ歴史地区」として世界遺産に登録され、2010年にエッゲンベルク城が拡大登録されると、世界遺産の登録名称が「グラーツ市街 - 歴史地区とエッゲンベルク城」に変更されました。

世界遺産のグラーツ市街 - 歴史地区とエッゲンベルク城では、1586年にグラーツ大学が創設され、同大学でヨハネス・ケプラーなど様々な学者が教壇に立ったことでも知られてます。

グラーツ大学をはじめ、世界遺産のグラーツ市街 - 歴史地区とエッゲンベルク城はでは、ヨーロッパ有数の大学都市でもあり、工科大学、医科大学、芸術大学、教育大学等あわせて4万人以上の大学生が学んでいます。

【世界遺産グラーツ市街 - 歴史地区とエッゲンベルク城の見どころ】

世界遺産のグラーツ市街 - 歴史地区とエッゲンベルク城には、シンボル的存在時計塔が、旧市街の北にあるシュロスベルクの丘にあります。

シュロスベルクの丘を囲うように広がっている旧市街には、中世からのゴシック様式、ルネサンス様式、バロック様式などの建造物が建ち並び、シュロスベルクの丘の頂から見下ろす町並みは、赤茶色のレンガの屋根が連なる中世の町そのものです。

17世紀に建てられたエッゲンベルグ城では、4つの塔がそれぞれ四季を、12の門は12 ヶ月を、365の窓は、1年の日数を表現しておいるとされています。
現在は、州立博物館アルテ・ギャラリーとして公開され、ビザンティン美術から19世紀絵画までを取り揃えています。

City of Graz – Historic Centre and Schloss Eggenberg
スポンサーサイト
TOPオーストリア海外旅行は世界遺産のグラーツ市街 - 歴史地区とエッゲンベルク城へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。