海外旅行は世界遺産のフェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のフェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観へ行こう!

フェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観
Fertö / Neusiedlersee Cultural Landscape


海外旅行は世界遺産フェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のフェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 5
登録年  2001年

UNESCO - Fertö - Neusiedlersee Cultural Landscape

世界遺産のフェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観は、ハンガリー共和国、北西部のジェール・モション・ショプロン県から、オーストリア共和国、ウィーン南東のブルゲンラント州に広がる、中央ヨーロッパで二番目に大きいステップ湖です。

世界遺産のフェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観は、表面積は約315k㎡で、うち240k㎡がオーストリアの領土で、残り75k㎡がハンガリー共和国領で、ドイツ語ではノイジードル湖、マジャール語ではフェルテー湖と呼ばれています。

1993年にオーストリアのノイジードラー湖=ゼーヴィンケル国立公園が保護区として承認され、その後2001年にハンガリーのフェルテー湖周辺を合わせた一帯が世界遺産のフェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観として登録されました。

世界遺産フェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観の湖のほとんどは、多年草のヨシに囲まれているため、野生生物の絶好の住処になっていて、280種の鳥類が生息していると言われています。
特に渡り鳥が多く生息しています。


【世界遺産フェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観の見どころ】

世界遺産フェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観の湖は、「ウィーンっ子の海」としても知られ、ヨットやウィンドサーフィン、釣りなどが出来ます。

また、世界遺産フェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観の湖周辺の丘陵地にはぶどう畑が広がり、中央ヨーロッパらしい田園風景や近代の宮殿などがあります。
スポンサーサイト
TOPオーストリア海外旅行は世界遺産のフェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。