海外旅行は世界遺産のベルン旧市街へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のベルン旧市街へ行こう!

ベルン旧市街
Old City of Berne


海外旅行は世界遺産ベルン旧市街に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のベルン旧市街をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 3
登録年  1983年

Berne

世界遺産のベルン旧市街は、スイス連邦の、首都ベルンの中世ヨーロッパ都市の姿を今に伝える美しい町並みが残っている旧市街です。

ベルンは、チューリッヒ、バーゼル、ジュネーブに次ぐ4番目の規模の都市で、1983年に中世の面影を残す旧市街全体が世界遺産ベルン旧市街として登録されました。

世界遺産のベルン旧市街は、1191年にツェーリング家のベルトルト5世によって、三方を自然の防壁となるアーレ川に囲まれた丘の上に建てられ、残る一方には城壁、堀、時計塔などが築かれました。

1218年にベルトルト5世が死去、ツェーリング家の断絶後に、ベルンは神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世から自由都市の特権を得ています。

1848年にベルンが、スイスの首都になると、世界遺産のベルン旧市街には、それを反映して新しい建物も見られるようになりました。

【世界遺産ベルン旧市街の見どころ】

時計塔(チェートクロッケ)・・・世界遺産ベルン旧市街の中でひときわ目を引くのが、この時計塔で、12世紀末に造られ、精巧な人形が動くからくり時計と天文時計は16世紀に据えつけられました。

Zytglogge (Clock tower), Berne

ベルン大聖堂・・・1421年から16世紀末にかけて建造され、ゴシック様式の高さ100mの尖塔があります。

アーケードと地下道・・・15世紀に造られたヨーロッパ最長といわれる6kmのアーケードで、一部は地下道になっており、砲塔、落とし穴などを備えた特徴的な建造物です。
スポンサーサイト
TOPスイス海外旅行は世界遺産のベルン旧市街へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。