海外旅行は世界遺産のサン・ジョルジオ山へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のサン・ジョルジオ山へ行こう!

サン・ジョルジオ山
Monte San Giorgio


海外旅行は世界遺産サン・ジョルジオ山に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のサン・ジョルジオ山をご紹介します。

登録区分 自然遺産
登録基準 8
登録年  2003年
拡張年  2010年

San Giorgio CH

世界遺産のサン・ジョルジオ山は、スイス連邦、ティチーノ州の南部にあるピラミッド型をした山です。

サン・ジョルジオ山は、2003年にスイスの世界遺産に登録されましたが、2010年にイタリアにまで範囲が拡大されています。

両国にまたがる世界遺産のサン・ジョルジオ山は、標高1,097mでピラミッド型をしており、木々が生い茂る緑豊かな山です。

そして、世界遺産のサン・ジョルジオ山にある中生代三畳紀の魚や昆虫、爬虫類などの無脊椎動物の化石は、貴重な遺産とされています。

世界遺産のサン・ジョルジオ山にあるこれらの化石は、200万年前、この地方が亜熱帯性気候だった頃に現在の地表から100m下の海水のくぼ地にあったものと考えられており、現在までに、10,000以上の化石標本が見つかっています。

現在、世界遺産のサン・ジョルジオ山での化石調査には厳格な規制が敷かれているため、大学などの高等研究機関以外の発掘は認められていません。


【世界遺産サン・ジョルジオ山の見どころ】

世界遺産サン・ジョルジオ山は、緑豊か山で、ルガーノ湖に囲まれており、その風景自体もたいへん美しいと評判ですが、実は登山が可能で、ハイキングコースもあります。

世界遺産サン・ジョルジオ山は、メリデ、リーヴァ・サン・ヴィターレ、ブルジノ・アルシツィオと、三市にまたがって、メリダには化石博物館もあります。
化石に興味のある方は、こちらに足を運んでみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
TOPスイス海外旅行は世界遺産のサン・ジョルジオ山へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。