海外旅行は世界遺産のヴィースの巡礼教会へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のヴィースの巡礼教会へ行こう!

ヴィースの巡礼教会
Pilgrimage Church of Wies


海外旅行は世界遺産ヴィースの巡礼教会に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のヴィースの巡礼教会をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,3
登録年  1983年

Pilgrimage Church of Wies

世界遺産のヴィースの巡礼教会は、ドイツ連邦共和国、バイエルン州、ミュンヘンの南西に位置するヴィースにあるキリスト教教会です。

世界遺産のヴィースの巡礼教会は、1745年から1754年にかけて宮廷画家だったヨハン・バプティスト(兄)と当時の高名な建築家ドミニクス・ツィンマーマン(弟)によって建てられました。

世界遺産のヴィースの巡礼教会の内装はロココ様式の最高傑作と言われており、主祭壇の天井フレスコ画は兄のヨハン・バプティストの作品です。

世界遺産のヴィースの巡礼教会起源は、マリアという農婦がシュタインガーデン修道院の修道士が彫った「鞭打たれるキリスト」の木像をもらい受けたことが始まりです。

マリアが「鞭打たれるキリスト」に祈りを捧げたところ、1738年6月14日、キリストの像が涙を流したといいます。
このとこが「ヴィースの涙の奇跡」として噂が広まり、マリアの家に押しかけたため、1740年に小さな礼拝堂が建てられましたが、巡礼者はますます増え、1746年に新たに教会が建てられることになりました。

これが、後に世界遺産登録されることとなるヴィースの巡礼教会です。


【世界遺産ヴィースの巡礼教会の見どころ】

世界遺産ヴィースの巡礼教会の外観は、牧場の中に建つ、非常に質素な教会ですが、ロココ様式の内部の装飾はヨーロッパ随一と言われており、主祭壇の天井フレスコ画は、「天から降ってきた宝石」とも讃えられています。

The Wies - Bavaria - Germany

世界遺産ヴィースの巡礼教会は、ロマンティック街道、ドイツ・アルペン街道の観光スポットの一つとなっている。
スポンサーサイト
TOPドイツ海外旅行は世界遺産のヴィースの巡礼教会へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。