海外旅行は世界遺産のトリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のトリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会へ行こう!

トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会
Roman Monuments, Cathedral of St Peter and Church of Our Lady in Trier


海外旅行は世界遺産トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のトリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,3,4,6
登録年  1986年

Cathedral & Church Of Our Lady, Trier - Germany.

世界遺産のトリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会は、ドイツ連邦共和国西部、ラインラント‐プファルツ州の歴史都市、トリーアの町にある遺跡群です。

世界遺産のトリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会は、古代ローマ時代以降の8件の遺跡や聖堂、および近隣のイゲルに残る遺跡1件がまとめて登録されています。

世界遺産のトリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会がある町トリーアは、ローマ帝国のライン地方統治の拠点として造られたドイツ最古の町です。

紀元前1世紀からローマ帝国の一都市として栄えたトリーアは、その後1世紀前半には商業の中心地となり、第2のローマと称されたこの町では、町の至る所に、ローマ時代の遺跡やキリスト教の大聖堂などが残されています。

そして、中世時代にはトリーアは、大司教座として再び栄えました。

《世界遺産のトリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会の登録対象》
・円形劇場(Ampitheatre)
・モーゼル川の橋(Moselle Bridge)
・バルバラ浴場(Barbara Baths)
・ポルタ・ニグラ(Porta Nigra)
・皇帝浴場(Imperial Baths)
・アウラ・パラティナ ( バシリカ)(Aula Palatina(Basilica))
・大聖堂(Cathedral)
・聖母マリア教会(Church of Our Lady (Liebfrauenkirche))
・イゲルの円柱(Igel Column)

【世界遺産トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会の見どころ】

円形劇場・・・古代ローマ時代のアンフィテアトルムの遺跡で、現存する古代ローマ時代の円形劇場の中でも十指に入る規模です。
モーゼル川の橋・・・2世紀に建てられたローマ橋のことで、現在でも使用されています。
バルバラ浴場・・・ポルタ・ニグラや大聖堂からは少し南西に離れた場所にある浴場の遺構で、建造は少なくとも2世紀以前にまで遡る事ができます。
ポルタ・ニグラ・・・2世紀末に建てられた巨大な城門です。
皇帝浴場・・・、コンスタンティヌス帝の時代につくられた巨大浴場で、カラカラ浴場などに次いで、古代ローマ時代の共同浴場としては屈指の規模です。
大聖堂・・・ドイツ最古の大聖堂にしてこの都市の司教座聖堂で、世界遺産の登録名「トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会」にもあるように、「聖ペテロ大聖堂」とも呼ばれています。様々な建築様式が混在しています。
聖母マリア教会・・・1235年から1260年にかけて建てられたゴシック様式の聖堂で、ドイツ最古の大聖堂です。
イゲルの円柱・・・トリーア近隣の町にあり、高さ 23 mの円柱(墓碑)が残されています。
スポンサーサイト
TOPドイツ海外旅行は世界遺産のトリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。