海外旅行は世界遺産のランメルスベルク鉱山、古都ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システムへ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のランメルスベルク鉱山、古都ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システムへ行こう!

ランメルスベルク鉱山、古都ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム
Mines of Rammelsberg, Historic Town of Goslar and Upper Harz Water Management System


海外旅行は世界遺産ランメルスベルク鉱山、古都ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システムに行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のランメルスベルク鉱山、古都ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システムをご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,4
登録年  1992年
拡張年  2010年


Mines of Rammelsberg, Historic Town of Goslar and Upper Harz Water Management System

世界遺産のランメルスベルク鉱山、古都ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システムは、ドイツ連邦共和国、ザクセン州南部のハルツ地方にある非鉄金属の鉱山と、それによって栄えた歴史都市、さらに採掘や冶金に活用された排水や水力の管理体系という、鉱業に関する包括的な産業遺産群です。

世界遺産のランメルスベルク鉱山、古都ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システムは、1992年に「ランメルスベルク鉱山と古都ゴスラー」の名で世界遺産登録され、2010年にオーバーハルツ水利管理システムが追加され、現在の名で登録されています。

ランメルスベルク鉱山は、古都ゴスラーの南東1kmに位置する鉱山で、紀元前3世紀には採掘が始まっていたとされていますが、現存する記録は11世紀初頭のものが最古です。

ランメルスベルク鉱山では、銅、錫、金、鉛など多岐にわたる金属が産出されましたが、とりわけ銀の産出量が豊富だったとされています。

1988年にラメルスベルク鉱山が閉鎖されるまで、大よそ1000年にわたって採掘が行われてきました。

古都ゴスラーは、ランメルスベルク鉱山での銀の採掘により貨幣が作られ、ハインリヒ2世の宮殿が建設され、宮殿で帝国議会が開かれるようになり、神聖ローマ帝国の重要な拠点となりました。

13世紀には、古都ゴスラーは、ハンザ同盟に加わり、ランメルスベルクの鉱物資源を主たる交易商品として、さらに繁栄しました。

しかし、ゴスラーもまたランメルスベルク鉱山の鉱物の枯渇にまつわる閉鎖とともに衰退していきました。

ランメルスベルク鉱山などの南部に位置するオーバーハルツ水利管理システムは、約800年間使われてきた水の管理体系で、人工池やダム、水路、トンネル、排水施設などが含まれます。

【世界遺産ランメルスベルク鉱山、古都ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システムの見どころ】

町の中心地、マルクト広場には定時に鉱山の歴史を演じる人形を見られるからくり時計付の時計塔や1200年頃にさかのぼる噴水のほか、ゴシック様式の市庁舎(15世紀)、ホテルとして使われているゴシック様式のギルド会館(1494年)などがあります。

市内には、ハインリヒ3世の心臓が納められている皇帝宮殿内の聖ウルリヒ宮中礼拝堂や、マルクト広場裏手のマルクト聖堂(1170年)、シトー会修道院付属聖堂を前身とするロマネスク様式のノイヴェルク聖堂(1186年)などの古いキリスト教建築物も残されています。

また、ランメルスベルク鉱山閉鎖後の鉱山と産業の歴史を示すために博物館もあります。
スポンサーサイト
TOPドイツ海外旅行は世界遺産のランメルスベルク鉱山、古都ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システムへ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。