海外旅行は世界遺産のクヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のクヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街へ行こう!

クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街
Collegiate Church, Castle, and Old Town of Quedlinburg


海外旅行は世界遺産クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のクヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 4
登録年  1994年

UNESCO - Collegiate Church, Castle, and Old Town of Quedlinburg


世界遺産のクヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街は、ドイツ連邦共和国、中部ザクセン・アンハルト州の都市にある司教座教会、城などの遺跡群です。

世界遺産クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街は、かつて商業都市として栄え、中世には東フランケン公国の首都でした。

世界遺産クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街では、921年に当時の領主ハインリヒ1世によって、まず宮殿が建設され、彼の死後、その妻によって女子修道院が創設されました。

その後、修道院は聖セルヴァティウス修道院聖堂に建て替えられて、ロマネスクを代表する建築物となりました。

また、ハインリヒ1世の息子で神聖ローマ帝国初代皇帝のオットー1世は、父親が基礎を築いたクヴェートリンブルク城を整備拡張し帝国の宮殿としました。

旧市街には、領主が石造りの建築を禁止したため、模造建築の家々が立ち並んでいます。

【世界遺産クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街の見どころ】

世界遺産クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街には、1300棟以上のロマネスク様式の美しい建物ファッハヴェルクハウス(木組みの家)や、グリュンダーツァイト時代(泡沫会社乱立時代)、ユーゲントシュティール時代の邸宅が今なお残り、ロマネスク街道の秘都と呼ばれています。

聖セルヴァティウス修道院聖堂にはハインリヒ1世の墓地があります。

この他、世界遺産クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会には、ヴィペルティ教会の地下聖堂、ミュンツェンベルクのマリア修道院、ライオネル・ファイニンガー美術館、木組みの家博物館、ステンドグラスと工芸博物館、蒸気機関車の運行もある狭軌鉄道の中部ドイツ鉄道とおもちゃ博物館など、多くの見どころがあります。
スポンサーサイト
TOPドイツ海外旅行は世界遺産のクヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。