海外旅行は世界遺産のヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群へ行こう!

ヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群
Bauhaus and its Sites in Weimar and Dessau


海外旅行は世界遺産ヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4,6
登録年  1996年

 Dessau德紹

世界遺産のヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群は、ドイツ連邦共和国、チューリンゲン州ヴァイマールとザクセン・アンハルト州デッサウに設立された総合造形学校とその関連建物です。

世界遺産のヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群は、1919年、建築家のヴァルター・グロピウスによってヴァイマールで設立されました。
バウハウスはドイツ語で「建築の家」を意味しています。

世界遺産のヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群は、芸術家を養成する旧ザクセン大公立造形美術大学と専門技術者を養成する旧ザクセン大公立芸術工芸学校が合併してできた学校で、建築、工芸、美術を融合した新しい建築芸術を学ぶことが出来ました。

バウハウスは、ヴァイマール、デッサウ、ベルリンの順に移転していますが、世界遺産の登録にはベルリンは含まれていません。

ヴァイマール時代のバウハウスでは、。新しい様式の創出を理念とし、芸術的でありながら高性能で機能的、安価で大量生産可能な製品のデザインを目指していました。
そのため、雑誌『バウハウス』や多くの書籍も刊行して啓蒙活動も行っていました。

一方、1925年に移転したデッサウでのバウハウスは、顕著な方向性の転換を図ります。
顧客へのプレゼンテーションで計測と計算をむみ新しい校長の下で、バウハウスは収益を上げたものの、同時にトラブルも引き起こしました。

その後、1932年には、デッサウのバウハウスも閉鎖され、ベルリンへと移っています。

【世界遺産ヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群の見どころ】

ヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群では、バウハウスで創作された多くの作品が、世界のモダニズム建築やアートに大きな影響を与えたことなどが評価され、世界遺産登録されています。

《ヴァイマールのバウハウス登録物件》
・ウハウス大学本部棟
・バウハウス大学のヴァン・デ・ヴェルデが手がけた建物
・ハウス・アム・ホルン

《デッサウのバウハウス登録物件》
・デッサウ・バウハウス
・親方の家
スポンサーサイト
TOPドイツ海外旅行は世界遺産のヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。