海外旅行は世界遺産の古典主義の都ヴァイマールへ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産の古典主義の都ヴァイマールへ行こう!

古典主義の都ヴァイマール
Classical Weimar


海外旅行は世界遺産古典主義の都ヴァイマールに行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産の古典主義の都ヴァイマールをご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 3,4
登録年  1998年

Goethe's house

世界遺産の古典主義の都ヴァイマールは、ドイツ連邦共和国、中部にある都市で、ゲーテとシラーらを代表とする、18世紀末から19世紀初頭にかけて花開いたドイツ古典主義の中心地として栄えた町です。

世界遺産の古典主義の都ヴァイマールは、人口6,000人の小さな町でしたが、この地が大きく花開いたのは、1775年に君主カールアウグストがゲーテを行政官として招いてからです。

そして、、ゲーテの友人で「若きウェイテルの悩み」の著者として知られるシラーが加わり、世界遺産の古典主義の都ヴァイマールはドイツ文化の一大拠点となりました。
「ファウスト」を生み出したゲーテとシラーは固い友情で結ばれていました。

その後も世界遺産の古典主義の都ヴァイマールには、哲学者ニーチェ、近代音楽の父バッハなど、多くの作家や学者が集まるようになったのです。

ヴァイマールは、古典主義の文学が花開いた地であることなどが評価され、世界遺産に登録されました。

【世界遺産古典主義の都ヴァイマールの見どころ】

世界遺産古典主義の都ヴァイマールは、当時を偲ばせる建築物や公園など、以下の合計11件が登録対象となっています。

・ゲーテの家(Goethe's House)・・・現在は記念館となっています。
・シラーの家 (Schiller's House)・・・現在は記念館となっています。
・市の城 (City Castle)・・・館内に国立美術館が入っています。
・市教会、ヘルダーの家、旧高校 (City Church, Herder House and the Old High School)・・・教会には、ゲーテに影響を与えたヘルダーが眠っています。
・寡婦宮殿 (Widow's Palace)・・・ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ公妃アンナ・アマーリアの宮殿で、現在はヴィーラント記念館となっています。
・アンナ・アマーリア大公妃図書館 (Duchess Anna Amalia Library)
・大公の墓所と歴史的墓所 (Princes' Tomb and Historic Cemetery)
・ロマン主義の家、ゲーテの園亭と庭園を含むイルム河畔公園 (Park on the Ilm with Roman House, Goethe's Garden House and Garden)・・・イルム河畔公園はゲーテが造園した公園です。
・ベルヴェデーレの城、オレンジ温室、庭園 (Castle, Orangery and Castle Park Belvedere)
・ティーフルト城と庭園 (Castle and Castle Park Tiefurt)
・エッタースブルクの城と庭園 (Castle and Castle Park Ettersburg)
スポンサーサイト
TOPドイツ海外旅行は世界遺産の古典主義の都ヴァイマールへ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。