海外旅行は世界遺産の僧院の島ライヒェナウへ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産の僧院の島ライヒェナウへ行こう!

僧院の島ライヒェナウ
Monastic Island of Reichenau


海外旅行は世界遺産僧院の島ライヒェナウに行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産の僧院の島ライヒェナウをご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 3,4,6
登録年  2000年

Insel Reichenau (St. Peter und Paul (Niederzell), Monastic island of Reichenau)

世界遺産の僧院の島ライヒェナウは、ドイツ連邦共和国、バーデン=ヴュルテンベルク州のコンスタンツ湖に浮かぶ島です。

世界遺産の僧院の島ライヒェナウは、一本の人工の道によって本土とつながっています。

世界遺産の僧院の島ライヒェナウは、中世にはベネディクト修道会の拠点として大きな役割を果たしました。

世界遺産僧院の島ライヒェナウでは、8世紀には25もの宗教施設が建てられました。

中世の修道院跡が島の風景に溶け合い、まるで絵画のように美しい世界遺産の僧院の島ライヒェナウは、近隣に湿地帯が広がり、渡り鳥の休息地となっています。

【世界遺産僧院の島ライヒェナウの見どころ】

世界遺産僧院の島ライヒェナウには724年に創建されたベネディクト会修道院跡が残されており、聖マリア修道院、聖ペテロ・パウロ修道院、聖ゲオルク修道院など9~11世紀の修道院があります。

また、世界遺産僧院の島ライヒェナウは、ベネディクト修道会の拠点としてだけではなく、中世ヨーロッパの美術の重要地としても発展していきます。

9世紀末に建てられたザンクト・ゲオルク聖堂は、「キリストの奇跡」と呼ばれるロマネスク以前の壁画などが残されています。
ザンクト・ゲオルク聖堂の壁画のように中世初期の聖堂の壁画装飾全体が残っていることは、極めて稀なことと言われています。
スポンサーサイト
TOPドイツ海外旅行は世界遺産の僧院の島ライヒェナウへ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。