海外旅行は世界遺産のエッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のエッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群へ行こう!

エッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群
Zollverein Coal Mine Industrial Complex in Essen


海外旅行は世界遺産エッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のエッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,3
登録年  2001年


Zeche Zollverein

世界遺産のエッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群は、ドイツ連邦共和国西部、ノルトライン=ヴェストファーレン州エッセンにある産業遺産です。

世界遺産のエッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群は、企業家フランツ・ハニエルによって設立され、「ツォルフェライン」の名は、1834年に結成されたドイツ関税同盟(ツォルフェアアイン)にちなんで付けられました。

石炭の採掘は1847に始まり、年1890年までに、世界遺産のエッセンのツォルフェラインは、ドイツの全鉱山の頂点に立ちました。

そして、第一次世界大戦直前には、ツォルフェアアインの産出量はさらに倍以上にもなっていました。

1930年には、当時影響力があったバウハウスのデザインによって新しい施設が建設され、当時は世界最大の石炭採掘施設と言われていました。
この施設は、最新の技術を駆使して造られていますが、機能性だけでなく美しさも追求されて建築物としての評価も高いものとなっています。

その後、ヨーロッパの鉄鋼業が衰退し、コークスの需要が減少したため、エッセンのツォルフェライン炭坑は1993年に操業を停止しました。

現在、世界遺産のエッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群は、エッセン市などが炭鉱の全施設を保全して再利用されています。

【世界遺産エッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群の見どころ】

世界遺産のエッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群は、建築上からも技術上からも傑作と呼べるものであり「世界で一番美しい炭鉱」と評価されています。
スポンサーサイト
TOPドイツ海外旅行は世界遺産のエッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。