海外旅行は世界遺産のライン渓谷中流上部へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のライン渓谷中流上部へ行こう!

ライン渓谷中流上部
Upper Middle Rhine Valley


海外旅行は世界遺産ライン渓谷中流上部に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のライン渓谷中流上部をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4,5
登録年  2002年

Upper Middle Rhine Valley II

世界遺産のライン渓谷中流上部は、ドイツ連邦共和国、ラインラント・ファルツ州とヘッセン州のマインツからコブレンツまで、全長約65kmのライン川の渓谷のことです。

ライン川は中世から中央における交易の重要な経路であり、川の流域には人々が住み、小さな集落が形成されてきました。

やがて、世界遺産のライン渓谷中流上部に城が建てられると、神聖ローマ帝国時代は、この地域は、帝国の中枢となりました。

【世界遺産ライン渓谷中流上部の見どころ】

現在では、渓谷に沿ってのクルージングが人気です。

世界遺産ライン渓谷中流上部には、ラインシュタイン城、ライヒェンシュタイン城、ゾーンエック城、シュタールエック城、シェーンブルク城、ラインフェルス城、グーテンフェルツ城、エーレンフェルツ城など、今もその栄華を誇る城が建ち並び、古い町並み、聖堂、修道院など、中世の景観が残されています。

Schloss Stolzenfels, Koblenz (Die Aufnahme wurde mit einer Nikon F5 gemacht)

歴史都市ザンクト・ゴアールの川幅が狭いところには、ハイネの詩に詠まれた「ローレライの岩」があります。
スポンサーサイト
TOPドイツ海外旅行は世界遺産のライン渓谷中流上部へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。