海外旅行は世界遺産のドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペストへ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペストへ行こう!

ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト
Budapest, including the Banks of the Danube, the Buda Castle Quarter and Andrássy Avenue


海外旅行は世界遺産ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペストに行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペストをご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  1987年
拡張年  2002年

Hungary: Budapest - Parliament


世界遺産のドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペストは、ハンガリー共和国、首都ブダペストの美しい街並みです。

ブダペストは、ドナウ川を挟んで西岸のブダ地区と東岸のペスト地区からなり「ドナウの真珠」、「ドナウのバラ」、「ドナウの女王」、「東欧のパリ」などと呼ばれ、美しさには定評がある街です。

ブダペストの歴史は、2世紀に築かれたローマ帝国の植民都市アクインクム (Aquincum) にまで遡ります。
アクインクムは時代の遺跡がオーブダ地区周辺を中心に残されています。

9世紀にマジャール人の移住してくると、現在のペストであるクインクムの対岸を中心に発展しました。

ハンガリーが1241年から1242年にかけてモンゴル帝国の侵攻を受けると、防衛のためペストの対岸の丘に城塞が築かれ、エステルゴムから都が移されたました。
これがブダ地区の発展の始まりです。

16世紀に入るとハンガリーはオスマン帝国に占領され、事故によって城も損壊します。

17世紀末には神聖ローマ帝国領となった後、特にマリア・テレジアの治世下などで建造物群の修復や増築が大規模に行われました。

1872年にはブダ、オーブダ、ペストの3地区の統合が決まり、現在のブダペストが成立しました。
時期を同じくして、ハンガリーは、オーストリア=ハンガリー帝国の成立で自治が認められたことから、様々な建築物の改築や新築が進められ、街並みが整えられていきました。

これらの建物は、第2時世界大戦などによって大きな被害を受けましたが、現在は修復され、19世紀以降の街の姿がほぼ再建されています。


【世界遺産世界遺産のドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペストの見どころ】

ブダ城・・・ブダ地区の発展の象徴とされ、先進的なルネサンス様式が取り入れられていいます。 現在、城内にはハンガリー国立美術館、国立セーチェーニ図書館(ハンガリーの国立図書館)、ブダペスト歴史博物館などが入っています。
また、ブダ城の地下には自然の洞窟が元になった長大な迷宮が広がり、地下の墓所なども残っています。

マーチャーシュ聖堂・・・正式名は「聖母マリア聖堂」で、1255年から1269年にベーラ4世が建造した聖堂が元になっています。

国会議事堂・・・ペスト地区河岸の建造物群の中でもひときわ目を惹くハンガリーの国会議事堂です。館内には画家ムンカーチ・ミハーイの作品『征服』などが飾られ、王権の象徴であった聖イシュトバーンの王冠や王笏などが展示されています。

エルジェーベト橋・・・橋の名前は、美貌で知られたオーストリア皇后エリーザベト(ハンガリー王妃エルジェーベト)にちなんでいます。1903年の完成当初は、チェーン吊橋としては世界最大で最も美しいとも言われていました。

アンドラーシ通り・・・通りの名前は、当時の首相アンドラーシ・ジュラにちなんでいて、街路のモデルとなったのはパリのシャンゼリゼ通りです。
この通り沿いには国立オペラ座があり、

このほかにも、世界遺産世界遺産のドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペストには数多くの見所があります。

昼間見て回るのもいいですが、ドナウ川から見えるブダペストの夜景は、まさにすばらしいの一言につきます。

夜になるとブダ城とくさり橋がライトアップされた姿もぜひ見ておきたいところです。
スポンサーサイト
TOPハンガリー海外旅行は世界遺産のドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペストへ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。