海外旅行は世界遺産のカールズバッド洞窟群国立公園へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のカールズバッド洞窟群国立公園へ行こう!

カールズバッド洞窟群国立公園
Carlsbad Caverns National Park


海外旅行は世界遺産カールズバッド洞窟群国立公園に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のカールズバッド洞窟群国立公園をご紹介します。

登録区分 自然遺産
登録基準 7,8
登録年  1995年

Carlsbad Caverns National Park:  New Mexico

世界遺産のカールズバッド洞窟群国立公園は、ニューメキシコ州エディ郡南西角のグアダルーペ山脈に位置し、石灰岩の大洞窟や鍾乳洞を中心とするアメリカ合衆国の国立公園です。

世界遺産のカールズバッド洞窟群国立公園内には現在発見されているだけでも洞窟群が113あります。
そのうちの一つレチュギア・ケイブ(Lechuguilla Cave)は、全米最深489mで、長さは世界第5位の203 kmの石灰岩の洞窟で、「ビッグルーム」の名で親しまれています

洞窟内には約6種類のコウモリが生息していて、その数たるや100万匹とも言われています。
実は、世界遺産カールズバッド洞窟群国立公園が発見された背景には、このコウモリが一役買っているとのことです。

夕暮れには、コウモリは巨大な群れとなって洞窟を飛び立つ姿が見られます。

【世界遺産カールズバッド洞窟群国立公園の見どころ】
ビッグルーム
カールズバッド洞窟群の中で最大の部屋で、床面積はアメリカンフットボール場約14面分の広さがあります。
中には、カフェテリアも用意されています。

グリーン・レイク・ルーム
景色の良い部屋(Scenic Rooms)」の中で最上のもので、部屋の隅のマラカイト(孔雀色)色の深いプールに因んで名 づけられました。

コウモリの飛翔
5月下旬~10月下旬の毎夕刻に洞窟内に生息しているコウモリによる驚異のショーが見られます。
コウモリの一群が餌を求めて、ら旋状に陳列を組み洞窟から飛び立ち姿は圧巻です。時間にして30分程この光景が続 きます。
一晩中餌を貪ったコウモリが洞窟へ一気に戻ってくる光景も一見の価値があります。

スポンサーサイト
TOPアメリカ海外旅行は世界遺産のカールズバッド洞窟群国立公園へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。